キーワード検索


 2001年    2002年    2003年
 2004年    2005年    2006年
 2007年    2008年    2009年
 2010年    2011年    2012年
 2013年    2014年    2015年
 2016年    2017年    2018年
 2019年    2020年  
41 件の資料が見つかりました。
ダウンロード数: 246回
紹介文 :
 プロジェクトマネジャーは忙しいという研究員の言葉を聞いて、それは『プロジェクトマネジャー消防士論』に則ってないからだとこたえたのが始まり。ここで言う消防士とは、火消しではなく『火事が起きないように願い予防処置をする人』が消防士だ。つまり、火消しは消防士 ではなく、消防士は、自分の仕事が無くなるようにと自己否定しながら生きる不思議な人だ。
そのためにはどうすれば良いか。人、組織、システム化対象物、プロジェクト、ソフトウェア、コンピュータの仕組みなど諸々を知り、その特性に合わせて予防処置をすることだ。つまり、プロジェクト・マネジャは、物事の本質をとらえて意思決定をすることである。
さて、本質とは何か。論文を読んでいただこう。
ダウンロード数: 242回
紹介文 :
プログラムを自動解析・自動実行するConcolic Testingは、制御パスを通るテストケースを自動生成し、抽出した値を使ってパスを自動実行するテスト技術です。
この技術のツールであるCRESTを、リグレッションテストに適用し、利用方法と検証結果をまとめました。
Concolic Testingに取り組もうとする方や、リグレッションテストの自動化に興味のある方の一助となる論文です。
ダウンロード数: 238回
SQuBOK分類 :
年度 : 2014年   分科会 :
紹介文 :
弊社ではシステム品質向上を目的として、2009年以来開発プロセスの改善活動を進めてきている。この活動は、①開発に必要なプロセスが分かりにくい、②プロセスの強み・弱みや陳腐化を客観的に把握できていない、③プロセスに対し「やらされ感」を持つ社員が少なくないといった全社的な問題意識が背景であった。
改善活動は、CMMIモデルを参考としたギャップ分析から開始した。この分析結果から明らかとなった課題を解決する分かりやすい開発プロセスを構築し、それを「やらされ感」を持たれないよう、定着させていった。「やらされ感」を感じながらのプロセス実施は「形骸化」につながり、プロセスの意図や狙いを達成できず、非効率な結果となる可能性が高い。そのため、時間がかかっても一人一人の腹に落ちるよう、工夫を重ねた。
これら活動の結果、内製部門においてCMMIのレベル3を達成、またプロセスの定着率も着実に向上しつつある。
本発表では、弊社のプロセス改善活動の内容や工夫した点についてご紹介する。同様の課題に取組んでいらっしゃる方の参考となれば幸いである。
ダウンロード数: 234回
SQuBOK分類 :
年度 : 2014年   分科会 :
紹介文 :
 筆者は2008年にパナソニックエレクトリックデバイス(PED)のコーポレートSQAに着任、社内事業場のSQAの仕組み強化と役立ち度アップのため、SQAのスキル要件を定義し、必要スキルを満たすSQAがソフトウェアの監査を実施する仕組みとした。また、SQAスキル要件と連動したトレーニングマップを作成し、活用、改善を行ってきた。
 このPEDのSQAスキル要件を、パナソニック全社の車載関連部門のSQAに展開し、さらに広範囲のSQAのレベルアップを図ることになった。そこで、スキル要件の更なる体系化の検討を行った結果、SQuBOKを活用することとした。SQAに関する知識体系であるSQuBOKを活用することで、求めるSQA像を、より分かりやすく表現することができ、スキル要件の客観性、網羅性、使用性が向上することを期待したためである。
 本取組みと、SQuBOKを用いて得られたメリット、更に、今回改定したSQAスキル要件とひも付いたトレーニングの体系、スキルレベルの認定制度など、パナソニック車載関連部門におけるSQA育成の取組みを共有し、SQAの育成について、共に考える機会としたい。
ダウンロード数: 232回
紹介文 :
ソフトウェア開発の現場で起きている失敗の原因とUX手法が解決できる問題を突き合わせることで、現場や問題の状況に合わせて適切なUX手法を選択することを提案している。単に手法ありきで導入するのではなく、本来の目的を把握・意識したうえで、本当に望まれている結果を導くための重要な考え方を提示している。
ダウンロード数: 198回
SQuBOK分類 :
年度 : 2014年   分科会 : 2013年度第3分科会
紹介文 :
ソフトウェア開発におけるレビューは、ソフトウェアの欠陥を早期に検出可能な手段として、品質向上・コスト削減・納期遵守に有効である。しかしながら、レビューにおいて影響度の高い欠陥を検出できるかや、検出に掛かる時間の長さはレビューアに依存しているのが現状である。これらの課題について、個々人が持っている欠陥に関する知識(以下、欠陥知識)を組織として有効活用することで解決できないかと考えた。
そこで、本研究チームでは、影響度の高い欠陥を容易に見つけることが可能な思考法であるHDR法(SQiPシンポジウム2013、HDR法:仮説駆動型レビュー手法の提案)から着想を得て、「欠陥連鎖チャート(Defect Chain Chart:以下DCC)」を考案した。
DCCは欠陥知識を可視化し、欠陥知識同士の関連を表現した図であり、欠陥知識を共有・蓄積・活用するためのものである。
このDCCにより課題の解決が可能かを確認するために実験を行った。DCCを用いてレビューを実施すると、従来のレビューよりも単位時間あたりの重大欠陥の指摘数が上がるという結果を得た。また、実験被験者からは「経験が少ないメンバーに対して有効である」との評価が得られた。これはDCCを用いたレビューが課題解決に有効であることを示唆する。
本論文では、新しい欠陥モデルである欠陥連鎖チャートの利用方法と効果、ならびに今後の展望について報告する。
ダウンロード数: 196回
SQuBOK分類 :
年度 : 2014年   分科会 :
紹介文 :
テストを自動化しデイリービルドに組み込み継続的に実行する事で、品質を保ちながら開発のアジリティを加速する、継続的インテグレーションや継続的デリバリーなどの手法が一般的に使われるようになってきた。近年では単体テストやコンポーネントテストだけでなくシステムテストも自動化、継続的に実行されるようになってきている。
自動化される以前は、システムテストは開発工程終了後に成果物であるソースコードを対象として行われていた。自動化後はシステムテストを実装と平行したリグレッションテストとして継続的に実行する。それにより、早期にバグを発見したりバグ修正日数を削減したりする事が可能になる。
しかし、一方で継続的システムテストの実態やその性格は従来の品質保証プロセスからは説明出来ない部分もまだ多い。例えばバグ曲線は従来のソフトウェア信頼度成長モデルでは緩やかに収束していたが、継続的システムテスト環境下では急激に収束してしまう。
継続的なシステムテスト環境下での開発と品質保証プロセスについての理解を深めるため、我々のソフトウェア開発プロジェクトから得られた開発、ソースコードとバグのメトリクスについて分析を行った。
ダウンロード数: 193回
SQuBOK分類 :
年度 : 2014年   分科会 :
紹介文 :
企業が使用する業務用ソフトウェアシステムの多くは、複数のIT統制、監査、
認証に対応しなければならない。経営管理者はシステム開発・運用に係る管理
記録を整備し、システムの管理品質と製品品質を長く維持しなければならない。
その一方で、開発・運用現場には多種多様な記録・管理方法の混用があり、記
憶に頼る属人的な習慣も根強い。従来の方法では、管理要求を達成するために
多くのコストが必要となり、また、対象システムの増加や規模拡大により、手
順の実現と定着は容易でない。

IT統制、監査、認証の要求実現の急所は「管理記録の網羅性・完全性・追跡可
能性の同時成立」にある。一方で、現場の要求は作業利便性と効率性の追求に
ある。2つの要求に通底する共通課題に着目し、統合情報基盤の構築による、
強制力のみに依らない要求の実現と、有効な定着を目指した。

本論文では、島津製作所グループの基幹業務を支える業務用システムの開発・
運用現場(100種、200名)において、IT統制水準とシステム品質の向上を目
的としたIssue Tracking System(ITS - Redmine)の全面導入事例を紹介する。
5年間のITS運用結果(12万チケット)の定量・定性分析に基づいて「効率・
品質・統制」の観点で導入効果を検証した。その結果、各種要求の実現、管理
手順の有効な定着、低負荷の工数管理、多重管理の無駄をなくす、という効果
が確認できた。
ダウンロード数: 175回
紹介文 :
基本仕様の制度や品質は、ソフトウェア開発の後工程の工数や品質に
大きな影響を与えます。
そこでこの論文では、テスト技法であるCFD法を基本仕様策定時に取り入れることで、機能仕様の組合せを正確かつ網羅的に抽出し、あいまい性のない表記で記述する方法を提案しています。
テスト技法を利用した上流工程の改善に効果があります。
ダウンロード数: 171回
SQuBOK分類 :
年度 : 2014年   分科会 :
紹介文 :
本発表の目的は、メソッドのインターフェースの複雑度に着目しメトリクスを利用にすることでレガシーコードからリファクタリング対象を自動抽出することである。
市場で不具合が発生した時、修正箇所は正常に動作するようにするが、将来のことを考えるとメンテナンス性を向上させたいと思うことが現場では多々ある。その結果リファクタリングしようという考えに至るのだが、修正対象のコードがレガシーコードであるため、どこから手をつけて良いものかわからないという壁にぶつかる。現場においては人的リソースや時間が限定される。そのような状況下では効果的なリファクタリング対象を素早く検出する必要がある。そこでメトリクスを使ってリファクタリング対象を自動抽出する仕組みを考案した。
本発表ではその方法と実施結果を紹介する。
ダウンロード数: 160回
SQuBOK分類 :
年度 : 2014年   分科会 :
紹介文 :
 我々は、開発対象となるソフトウェアの特徴から派生開発に特化した開発プロセスXDDPを導入している。しかし、上流工程で変更箇所の抜け・モレを十分に抑えることができず、後工程で不具合が散見されていた。その原因の1つとして、担当者がXDDPのねらいや効果を十分に理解しておらず、XDDP帳票のフォーマットを埋める形で成果物を作成していることが多々あることがわかった。つまり、導入・整備したプロセスに対して、開発を担当する技術者のスキル・理解が不十分であった。このことはXDDPに限った問題ではなく、開発現場でよく見かける典型的な問題である。
 本発表では、表面的な理解・形式的な作業に留まっていた技術者のレベルを引き上げ、成果物の質の向上につながるトレーニング手法の提案と、本手法を適用しXDDPのスキル向上に取り組んだ活動結果を報告する。
 提案する手法のポイントは、社外コンサルからの指導(教えられる)とピアレビューを用いた実践指導(教える)とを組み合わせた「教えられる・教える」立場を同時期に繰り返し経験する点と、第三者視点を導入した点である。若手リーダーに適用した結果および評価と合わせて、本手法の有効性を報告する。
ダウンロード数: 152回
SQuBOK分類 :
年度 : 2014年   分科会 :
紹介文 :
改善とプロジェクトマネジメントを別物扱いしている組織やチームが多いと感じています。
それぞれを別手法でばらばらにアプローチする例は多 く、改善を一過性のものにしたり、大きな問題が発生しないと着手しない、改善が定着しない、効果が得
られないなどの元凶になっている場合もあると思われます。
そこで、プロセス改善手法:SaPID(*1)の構成要素 (例:ふりかえり、問題構造分析など)をプロジェクトのモニタリング&コントロール(問題/リスク発見・解決など)に活用しながらプロセ ス改善を実践した事例を提供し、以下の内容を共有したいと思います。
(1)プロジェクトのモニタリング&コントロールと改善実践を可能な限り自然な流れで一体化する方法とポイント
(2)プロジェクトで発生した問題事項の再発防止だけでなく、発生する可能性がある問題(リスク)を先読みして手を打つ予防処置実践につなげる方法
(3)プロジェクトにこの手法を適用する際の工夫と注意事項
(4)プロジェクトマネジメントにおける問題発見・解決実践力の向上に必要なこと
*1:SaPID?(Systems analysis/Systems approach based Process Improvement methoD)
問題対象をシステムと捉えて解決するシステムズアプローチに基づき、実務を行う管理者・技術者自らが持つ問題意識や事実情報を問題構造図に表して現状を分析し、解決すべき問題を特定、現状の制約条件などを考慮した現実的かつ効果的な対策を実践するプロセス改善手法。
ダウンロード数: 152回
SQuBOK分類 :
年度 : 2014年   分科会 :
紹介文 :
一般的にシステムテストの自動化は、フロントエンドのアプリケーションのGUI入力をエミュレートすることが多い。しかし、GUIは人間用に設計されており、プログラムからの操作に適していない。実際に問題になった点を挙げる。
・不安定なテストになる。(タイミング依存で成否が変わる。)
・技術的にブラックボックス性が高く失敗理由の解析が困難。
・プロダクト変更時のメンテコストが高い。
・テストシナリオの可読性が悪い。
・操作不可能なケースも多々ある。

問題が積み重なると、解消するためのコストが増大する。逆に、これらの問題が発生しないインターフェイスが用意できれば、十分なROIを確保できるといえる。
本発表では、操作用インターフェイスとしてGUIだけでなくAPIも利用する方法と、その際、ユーザー操作とは異なるインターフェイスを使うことに関してのトレードオフを実例を交え紹介する。
また、テストシナリオから使うインターフェイスを洗練させる手法としてアプリケーションドライバ(WebでいうところのPageObject)も合わせて紹介する。

<備考>
実例で紹介する操作対象はWindowsアプリで、操作のために使ったライブラリはFriendly[http://www.codeer.co.jp/AutoTest]である。
ダウンロード数: 150回
SQuBOK分類 :
年度 : 2014年   分科会 :
紹介文 :
当社では、プロジェクトリーダが、ソフトウェア開発プロジェクトのデータとして、品質や工数、コスト等の他に受注前の審査情報から、出荷後の品質までを1つのシステムで管理している。この蓄積されたデータを元に品質目標の設定やプロセスの実施状況を監視するための項目抽出を行い、実施してきた。このことは、出荷時の品質を確保することに対して、有効である。
では、出荷時の品質が確保出来たこと=成功プロジェクトと言えるのか?品質を確保するために膨大な工数をかけ、コストがかかれば、プロジェクトは不採算となる。プロジェクト遂行中の様々な状況を把握、判断し、プロジェクトを成功に導くには、熟練者の経験や勘に頼ってきた傾向がある。
ならば、データから、プロジェクト遂行中の状況や変化を的確に捉え、プロジェクトの成功に導くことは出来ないか?データが示す事実から仮設を立て、それがプロジェクトの成功、採算につながる因子なのか、失敗、不採算につながる因子なのか分析を行った。導き出された因子を不採算プロジェクトの早期発見やプロセス改善活動に活かしている。
ダウンロード数: 147回
SQuBOK分類 :
年度 : 2014年   分科会 :
紹介文 :
本発表は、D-Caseをソフトウェア開発に導入した事例の紹介である。
ソフトウェアの妥当性をテストで評価するためには、期待結果が明確でなければならない。しかし、一部のソフトウェアには、期待結果を一意に決
めにくいものがある(乱数を用いたシミュレーションなど)。そのようなソフトウェアに対しては、単体テストや画面系テストなど「決めやすい」
テストは一生懸命行うが、ソフトウェアの重要な「決めにくい」部分の確認方法は明確化されず、関係者間での合意も行われないまま放置されがち
である。そして、開発後期の大きい手戻り、責任の押し付け合い、出荷後不具合を引き起こすことがある。
DEOSプロジェクトで提唱されているD-Caseは、システムのディペンダビリティについての説明責任を果たし、ステークホルダ間で合意を形成するた
めの手法である。我々はD-Caseを用いて、ソフトウェアの「決めにくい」期待結果を明確化し、関係者間の合意を行うことに成功した。本発表で
は、その経緯と成果について紹介する。
ダウンロード数: 147回
SQuBOK分類 :
年度 : 2014年   分科会 :
紹介文 :
受託開発では、上流設計の遅れから試験期間が圧迫されることが多い。特に開発期間が1年を超える新規開発においては、システム設計、基本設計に時間をかけることで実装計画がずれ、残された期間で試験を実施しなければならない。試験工程ではシステム試験の期間を確保するため、ソフトウェア間の結合試験が十分実施されずにシステム試験に進む場合があり、現地動作確認前に不具合が潰し切れない可能性がある。
そこで、試験期間の圧迫が品質に影響していると捉え、部門のデータを分析、試験期間が不具合の発生状況に影響しているという結果が得られた。この結果を元に、品質向上に繋がる適正な試験期間の指標を設定できた。
本発表では、試験期間及び不具合に関するメトリクスの分析結果と品質向上に向けた取組みについて紹介する。
ダウンロード数: 139回
SQuBOK分類 :
年度 : 2014年   分科会 : 2013年度第3分科会
紹介文 :
ソフトウェア開発の現場では,短納期,高品質が求められており,技術文書に対するレビューが不可欠となっている.各プロジェクトでは,混入した欠陥をいち早く検出するために,同一文書に対して複数回に渡りレビューを実施したり,開発リーダや有識者がレビューを実施したりする等の工夫がされている.しかし,それでも重大欠陥の検出漏れを防ぐことができず,大きな手戻りが発生し,結果的に時間やコストがかかってしまうケースが多く見られる.そこで,我々はレビュー時の新規役割「ハーベスタ」,及び欠陥分析用ツール「知見分析表」を提案する.
ハーベスタは,レビュー結果を収集し,検出された欠陥の傾向や欠陥混入に至った背景などを分析して,以降のレビューにフィードバックする役割を担う.知見分析表は,影響度と緊急度という2つの指標を軸とした表で,レビュー時に検出された欠陥を,ハーベスタがその表にプロットし,欠陥の検出傾向を捉えるために利用する.ハーベスタは,プロットした結果から傾向や混入原因を考察することで,以降のレビュー観点を導きだす.考察の結果として,検出される可能性があるにも関わらず未検出の欠陥種類があれば,その観点の追加も検討する.
実験では,ハーベスタを配置して知見分析表を用いて欠陥の分析を行い,その結果を次回のレビュー担当者にフィードバックすることで,レビューの質が向上し重大欠陥の検出効率が向上することが確認できた.
ダウンロード数: 125回
SQuBOK分類 :
年度 : 2014年   分科会 :
紹介文 :
ノベルゲームとは、分岐構造を持つ文芸的に書かれたシナリオに演出を加えたDSLを、ゲームエンジンが解釈・実行するコンピュータゲームである。本発表では、開発効率や品質の向上を念頭に工夫したノベルゲーム開発基盤を試作し、ワークショップを通じて得られたフィードバックに基づき改修を繰り返した事例から、アジャイル開発やソフトウェア工学の知見が、開発効率や品質の向上に、どのような影響を与え得るか評価を試みる。
試作した開発基盤には、コードの共同所有、継続的インテグレーション、高速なイテレーション、状態遷移図による見える化、モデル検査、など、アジャイル開発のプラクティスとソフトウェア工学のツールを導入した。この開発基盤を用いたワークショップでは、チームでの開発効率の改善を観察することができ、体験者の声から、実務にも活かせる先端的体験提供を確認できた。
ダウンロード数: 122回
SQuBOK分類 :
年度 : 2014年   分科会 :
紹介文 :
技術者が「学び・育つ」ためには、「自ら考え自ら行動する」ことが重要である。そのためには考える拠り所となる材料が必要であり、その基礎的な材料の1つとして我々は工数データに着目した。工数は技術者一人ひとりの日々の“仕事ぶり”を捉えることが可能なため、集めたデータを活用することで主体的な自己改善につながるデータである。この考えのもと、我々は工数を計測してきたが、計測した工数を実際に活用する段階になると“事実に合わない”データとなっていることが多々あり、自己改善にうまく使えなかった。その状況を解決するためには、集めたデータが実際に使えるデータになっているかの目安となる指標が必要であり、指標を利用することで工数入力を真に定着させ、工数データの質を引き上げ、自己改善につなげたいと考えた。本研究では、使えるデータとなる工数入力スタイルを「都度入力」と定め、都度入力となっている状態を真の定着とした「工数入力定着モデル」を考案・開発現場に適用した。
発表では、考案した「工数入力定着モデル」とモデルを構成する二つの指標「工数入力スタイル指標」「工数入力データの粒度指標」を紹介する。また、合わせて五か月間の実験結果およびモデル・指標の有効性についても報告する。
ダウンロード数: 112回
SQuBOK分類 :
年度 : 2014年   分科会 :
紹介文 :
PJに大きな影響を与える要求管理プロセスの作業品質の向上が注目され、さまざまな企業で改善が継続的に取り組まれている。例えば、仕様が曖昧である、要求が決まらないといった課題は頻繁に挙げられ、その対処法も明確には提示されていない。弊社においても要求管理に関する課題は様々あり、PJのスムーズな進行を阻害する一因になっている。特に、コンシューマ製品開発における要求管理は、さまざまな関係者とのやりとりに課題が多く、また、市場動向等の外部要因による変動要素の影響が大きく難易度が高い。そこで、2011年下期より、要求管理を専任として担当する仕様担当者を中心とした関係者とのやりとりの課題改善や仕様担当者自身の作業品質の向上へ主軸を置いて改善活動を推進してきた。本活動では、影響の大きな要求定義の工程に対し、要求に関わる関係者へのヒアリング結果や過去の記録から問題を分析し、要因に応じて課題への施策を実施してきた。その結果、要求・仕様変更の低減や残件の早期解決など仕様合意の早期化や開発の混乱の低減に貢献した。本報告では、これまでの活動のうち、主な課題である、①要求変更が多い・要求・仕様が決まらない、②仕様合意が曖昧である・仕様変更が発生する、③変更発生により開発が混乱する、という3つの課題についてその施策を紹介する。
    

1

2

3
↑