品質管理シンポジウム(略称:QCS)とは
品質管理の山を高くする日科技連の取り組み

QCSは、産業界に広く品質管理に関する今後の方向性を示す事業として、1965年に創設いたしました。
以降、年2回(6月、12月)継続して開催し、”日本の品質管理発展の歴史は、QCSにあり”とも言われています。
2015年6月で記念すべき100回を迎え、今後も品質管理の発展を希求した組織的・計画的な場として、産・学・官の協力をいただきながら、本事業の使命を全うして参ります。