SQuBok(R)分類検索
2 件の資料が見つかりました。
ダウンロード数: 94回
年度 : 2012年   分科会 :
紹介文 :
機能障害に起因するリスクをビジネスリスクと捉え、そのリスクを回避するためのプロセスを構築した活動発表です。 ユーザ部門からプログラマーまで一貫してリスクを共有することで、要求分析からリリースまでの全てのプロセスでリスク回避の活動を実施することが出来ました。
ダウンロード数: 8回
紹介文 :
新しい安全解析手法「STAMP/STPA」にセキュリティ適用をし、 「アシュアランスケース」で分析の妥当性確認をした初めての研究事例です。 脅威にはSTRIDE分析、影響評価基準にはASILを用いました。 保証の全体像を定めた上で、セーフティとセキュリティ双方のリスク抽出、評価、対策まで作り込みました。 「自動運転」での事例はお役立ち間違いなしです!
↑