プログラム

※今回はオンライン開催となります。

6月29日(火)

(敬称略)2021.6.10 現在
会場 A会場
  総合司会:横川 慎二(電気通信大学/RMSシンポジウム組織委員会委員)
モデレーター:門田 靖(㈱リコー/RMSシンポジウム組織委員会副委員長)
 9:25~ 9:30 【主催者挨拶】一般財団法人日本科学技術連盟 専務理事 中島 宣彦
 9:30~10:20

【基調講演】これからの信頼性・保全性・安全性LIVE

鈴木 和幸 電気通信大学名誉教授・特任教授/RMSシンポジウム組織委員会委員長
10:20~10:30 休憩
10:30~13:00

【特別企画セッション1】「2050年に向けた社会インフラの長寿命化~物理的な側面より~」

講演1:50年に亘るエレクトロニクスの信頼性の取り組みとそれを支え続ける信頼性技術LIVE

門田 靖 ㈱リコー 先端技術研究所 HDT研究センター 設計基盤開発室 シニアエキスパート

講演2:「レジリエント建築」で実現する持続可能な都市と社会LIVE

小檜山 雅之 慶應義塾大学 理工学部 システムデザイン工学科 教授

講演3:次世代自動車に向けた革新的ポリマー材料の開発LIVE

伊藤 耕三 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 教授

3者によるパネルディスカッションLIVE

コーディネーター:門田 靖(㈱リコー)
モデレーター:宮本 秀範(ソニーセミコンダクタソリューションズ㈱)
13:00~14:00 昼食休憩
14:00~14:45

第49回(2019年度)信頼性・保全性シンポジウム
優秀報文/事例賞、奨励報文/発表賞、技術貢献賞/フォトコンテスト 表彰式
LIVE

賞状・副賞の授与:鈴木 和幸 RMSシンポジウム組織委員会委員長/電気通信大学名誉教授・特任教授
選考理由について:田中 健次 RMSシンポジウム報文小委員会委員長/電気通信大学大学院 教授
受賞者インタビュー:長年研究を続けてきた信頼性技術者に聞く~次世代の信頼性技術者のために、信頼性技術課題の着想方法や、それを組織の中で具現化 するための研究活動につなげ、更に継続する為に、持ち続けた発想や技術者としてあり方についてインタビューでお伺いします。
14:45~14:55 休憩
14:55~17:30

【特別企画セッション2】「将来社会に向けた自動化の設計の展望」

講演1:高度技術を背景とする将来社会において求められる自動化設計とはLIVE

稲垣 敏之 筑波大学 学長特別補佐

講演2:未来のモビリティ社会に向けた自動運転技術開発 ーすべての人に移動の自由をーLIVE

鯉渕 健 トヨタ自動車㈱ クルマ開発センター フェロー Woven Planet Holdings, Inc. CTO Woven Core, Inc. Chairman

講演3:自動運転社会における「SOMPO(損害保険会社)」、新たな役割への挑戦LIVE

新海 正史 損害保険ジャパン㈱ リテール商品業務部 自動運転タスクフォース リーダー

3者によるパネルディスカッションLIVE

コーディネーター:田中 健次(電気通信大学大学院)
モデレーター:久保 秀之(富士通クオリティ・ラボ㈱)

6月30日(水)

(敬称略)2021.6.10 現在
会場 A会場 B会場 C会場
  【Session 1】
劣化量の予測
【Session 4】
モノづくりのソリューション
【チュートリアルセッション】
建物のレジリエンス性能とBCPレベルの指標
9:30~10:00

1-1 [研究報文]LIVE
Fe-C材の腐食電流密度の予測式の決定方法について

松崎 匠朗
西日本工業大学

4-1 [事例報告]LIVE
富士フイルムビジネスイノベーションにおけるメカニズムベース開発の取り組み

伊藤 朋之
富士フイルムビジネスイノベーション㈱
前半司会:増田幸宏(芝浦工業大学)
9:30~9:35
全体説明
9:35~10:00

講演1
レジリエンスの概念と既存の評価指標
LIVE

増田 幸宏
芝浦工業大学 システム理工学部 教授
10:00~10:25

講演2
レジリエンス指標とBCPレベル指標の策定
LIVE

牧 紀男
京都大学防災研究所 教授
10:25~10:45
質疑応答・休憩
後半司会:西本篤史(日建設計)
10:45~11:10

講演3
建物レジリエンス指標の付与例
LIVE

西本 篤史
㈱日建設計 エンジニアリング部門構造設計グループ構造設計部
11:10~11:35

講演4
BCP活動の普及に向けて
LIVE

堀江 啓
MS&ADインターリスク総研㈱ 総合企画部 リスク計量評価グループ フェロー
11:35~11:55
質疑応答
10:05~10:35

1-2 [研究報文]LIVE
利用調査データに基づくユーザーペルソナの抽出とバッテリー劣化量との相関分析

浅野 実
電気通信大学

4-2 [事例報告]LIVE
ダントツ商品からダントツソリューションへの挑戦

土井下 健治
コマツ
10:35~10:45 休憩
  【Session 2】
信頼性試験の物理
【Session 5】
安全・安心と
ヒューマンファクターズ
10:45~11:15

2-1 [事例報告]LIVE
Cuワイヤ-Alパッド接続の耐湿信頼性におけるボンディング位置影響

小林 達也
ルネサスエレクトロニクス㈱

5-1 [研究報文]LIVE
地域交通自動化での事故0に資する自動車旅客輸送業の事故情報定量解析 (第2報)

関田 隆一
福山大学
11:20~11:50

2-2 [研究報文]録画
熱衝撃試験/温度サイクル試験の比較検証

齋藤 結莉
エスペック㈱

5-2 [研究報文]録画
サービスとして環境を提供することに伴うリスクのR-Map手法による可視化

柳川 直久
アズビル㈱
11:55~12:25

2-3

(発表キャンセル)

5-3 [研究報文]LIVE
信頼・安心への哲学・倫理
―未然防止の観点から―

加藤 進弘
電気通信大学
12:25~13:30 昼食休憩
  【Session 3】
材料の信頼性と評価方法
【Session 6】
保全モデルとデータの活用
【Session 7】
品質工学を活用した信頼性評価
13:30~14:00

3-1 [研究報文]LIVE
ケミカルアタック(ESC)の動画観察実験と考察

田辺 一彦
エレクトロニクス実装学会

6-1 [研究報文]LIVE
パブリックスペースにおけるCO2濃度センシングを用いたリスク解析

川内 雄登
電気通信大学

7-1 [事例報告]録画
塗装工程条件の最適化による塗膜特性の安定化

竹下 雄一朗
㈱アイシン
14:05~14:35

3-2 [研究報文]録画
SEMやSIMによる電位コントラスト法を用いた絶縁劣化個所の故障解析

斎藤 彰
㈱村田製作所

6-2 [研究報文]LIVE
修理系データへのワイブル回帰プロセスの提案と建築設備への応用

久保井 大輔
東京電力ホールディングス㈱

7-2 [研究報文]LIVE
3Dプリンターで作製する引張試験片の最適設計法

石田 雄二
西日本工業大学
14:40~15:10

3-3 [研究報文]LIVE
レーザ焼結によるAM造形物の絶縁破壊試験と断面観察事例

新井 宏章
(地独)東京都立産業技術研究センター

6-3 [研究報文]LIVE
二種類の故障を考慮したセミマルコフ的劣化システムに対する状態と年齢に基づいた最適保全方策

田村 信幸
法政大学

7-3 [研究報文]LIVE
品質保証のための信頼性試験の進め方

松岡 敏成
三菱電機㈱
15:10~15:20 休憩
会場 A会場
15:20~16:50

【特別講演】LIVE
ANAの安全マネジメント ~不安全事象を未然に防ぐ仕組みづくりと組織づくり~

黒木 英昭 全日本空輸㈱ 取締役 執行役員(オペレーション部門副統括・整備担当)
司会: 鈴木 和幸(電気通信大学)、モデレーター: 門田 靖( ㈱リコー)
16:50~17:00

【クロージング】LIVE

鈴木 和幸 RMSシンポジウム組織委員会委員長/電気通信大学名誉教授・特任教授、
RMSシンポジウム組織委員会委員一同