RMS 第53回 信頼性・保全性・安全性シンポジウム 開催日 2024年7月18日(木)〜19日(金) 開催形式 オンライン開催
2024/05/28 オンライン展示(カタログコース)募集延長!6/21(金)13:00まで
2024/04/17 プログラム公開!
参加申込をスタートしました!
大口参加申込は6/21(金)13:00まで!
2024/03/01 オンライン展示出展企業/団体を募集しております。
2024/02/16 一般発表募集を締め切りました。多くのご投稿ありがとうございました。
2024/02/05 一般発表募集締め切りを2/15(木)まで延長しました!
2023/11/28 「第53回 信頼性・保全性・安全性シンポジウム」ウェブサイトをオープンしました。
7/18 THU ▶︎ 7/19 FRI

研究報文・事例報告発表

「質・量」共に充実した発表があるのは本シンポジウムならでは。
今年も、信頼性・保全性・安全性の技術を高めることに役立つ
企業・大学・研究機関から合計26件の発表がそろいました。
産・学の実践的な技術研究報文・事例報告発表や
経験、ノウハウ、研究成果や最新事例が一堂に集結しました!

大口参加申込は6/21(金)13:00まで

―本シンポジウムは社員教育にも最適です―

組織の信頼性・保全性・安全性の意識向上を図る、
技術者、研究者の技術教育としてご活用ください

「大口参加申込」は参加費440,000円(税込)で、1社から500名様までご参加いただけます。
圧倒的なコストパフォーマンス!まとまった人数で参加できるので、一人当たりの教育コストをグッとおさえられます。
「聴きたい講演だけ」、「聴講可能な時間帯だけ」の一部の参加もOKです。

ライブ配信プラットフォーム(Deliveru)
テスト動画視聴ページ

視聴予定のネットワーク環境に接続した端末(PC等)でお試しください

参加のおすすめ

1971年に開始した当シンポジウムは、“ものづくり日本”を支える、産・学の最新事例が一堂に集結します。是非ご参加ください。

53RMS組織委員会

第53回 信頼性・保全性・安全性シンポジウムの組織委員をご紹介いたします。

第52回開催レポート

2023年7月13日(木)~14日(金)に開催された「第52回信頼性・保全性・安全性シンポジウム」の開催レポートを公開しております。