一般発表募集 5/11(火)13:00まで申込み延長!
Facebookにて情報を発信しています
ご自分の研究成果や経験を発表してみませんか?

応 募

期間
2月上旬
4月20日(火)
 5/11まで延長しました!

採否通知

期日
6月下旬
(予定)
コメント付

発 表

期日
9月9日(木) or 10日(金) (予定)
※発表日時はテーマ等によって
シンポジウム委員会で決定いたします。

一般発表の会場風景



聴講者による一般発表への評価は高く、発表者からも
「発表してよかった!」とのお声をいただいています。
〈オンラインでも集合でも会場はいつも満員です!!〉

年1回、毎年開催しておりますソフトウェア品質に関する国内最大級の「ソフトウェア品質シンポジウム」。ソフトウェア品質に関わる全ての方々を対象としております。

コンセプトは「聴く、考える、話す」。
自己成長、人材育成の場としても非常に定評があり、参加者がお互いにステップアップする場となっております。

只今、一般発表を募集中です!
昨今の新型コロナウイルスの感染拡大の影響を鑑み、2021年度は「オンライン開催」を予定しており、当日の発表形態が選べることも見どころの一つです!
ソフトウェア品質を高めるために邁進、活躍されている皆さまの工夫や成果をぜひご投稿してみませんか?

1. アブストラクトで
応募できます
本シンポジウムは、アブストラクトで応募でき、本文を書く前に採否が決まります。
また、アブストラクトの 査読結果は、産・学の専門家によるコメントを付けて投稿者に通知いたしますので、その後のフルペーパー執筆の参考になります。
もし採用されなかったとしても、今後のステップアップに活用できます。

「発表してみたいけれど、アブストラクトの書き方がわからない」「発表テーマが決められない…」等、
投稿が不安な方、悩まれている方必見!

アブストラクトの作成ポイントや、本シンポジウム委員が企画実施してまいりました「投稿応援フォーラム」資料を公開しています。投稿への一助としてお役立てください。詳細はこちら
2. スライドのみでも
投稿できます
投稿区分として「経験論文」と「経験発表」の2つを用意しています。
「経験発表」についてはスライドのみで投稿できます(いずれもアブストラクトの段階で採録のための査読を行います)。
3. 発表者は特別料金にて
ご参加いただけます
発表者は、一般参加費41,800円のところ、特別参加費5,500円にてご参加いただけます。
共同執筆者の方は、発表報文1件に付き1名様のみ19,800円です。(価格はいずれも税込)
4. 当日の発表形態が
選べます
①リモート(自宅/会社)での発表、②オンライン配信会場(東京)での発表、③事前録画での発表のいずれかを選べます。
いずれの発表においても、質疑応答は発表当日にリアルタイムにご対応いただきます。

ソフトウェア品質シンポジウムの歩き方

ソフトウェア品質シンポジウムのコンセプトは
「聴考えるです。

1 聴く 講演、特別セッションで新しい情報や基本を知ろう
2 考える テーマ別企画セッション・一般発表(経験論文、経験発表)による
実践事例や研究成果の発表で、他社の工夫・悩みを知ろう
3 話す パネルディスカッションなど「参加型プログラム」を通じて
抱えている問題を解決しよう
ソフトウェア開発に待ち受ける様々な難関を一つひとつ乗り越えて、更にもう一歩、先に進んで行きましょう!