学習方法

ソフトウェア品質技術者資初級セミナー[資格対応コース]

当セミナーでは、『ソフトウェア品質知識体系ガイド(SQuBOK Guide)』に基づいたソフトウェア品質技術を体系的に、短期間で効率的に解説します。また、「レビュー技法→テスト技法→メトリクス・品質分析→再発防止」の一連の流れでグループ演習をし、「品質改善」の実践力を身につけることができます。

コースの特徴

  • ソフトウェア品質技術を体系的に、短期間で効率的に学べます。
  • 「欠陥除去と作り込み防止」に重点を置いて解説します。
  • 各科目とも、講義のあとに続いて、現場に即した演習を行います。

こんな方におすすめします

  • プロジェクトの一員として開発業務や品質管理業務などを担当したことのある方
  • 技術者・管理者・品質保証担当として次のステップを目指す方
※「ソフトウェア品質知識体系ガイド-SQuBOKGuide-」を、少なくとも1回は読んだことがある程度の知識があると、より教育効果が高まります。

参加者の声

  • これまで現場で行っていたバグの原因分析は“悪い例”であり、本質的な原因分析の必要性を実感することができ、非常に有益であった。
  • 講義→演習という流れが、理解を深めるためには一番効率の良い方法であると実感、実りある時間を過ごすことができた。