キーワード検索


 2001年    2002年    2003年
 2004年    2005年    2006年
 2007年    2008年    2009年
 2010年    2011年    2012年
 2013年    2014年    2015年
 2016年    2017年    2018年
 2019年    2020年  
1 件の資料が見つかりました。
ダウンロード数: 207回
SQuBOK分類 :
年度 : 2015年   分科会 :
紹介文 :
テストケースの実行順序は、しばしば勘や経験に依存して決定されることがあるが、そのような場合にはブロッカーバグがテスト実行の後期に発見され、その
修正待ちによりテスト実行が遅延するといった問題が発生する可能性がある。こうした問題を経験に頼らず解決するには、自動的にテストケースの優先度付けを行うことで実行順序を最適化し、深刻なバグをより早期に発見できるようになることが望ましい。
また、ソフトウェアテストの外部委託市場は世界的にも拡大が予期されているが、そうした第三者テストにおいてテストはしばしばブラックボックスに実施さ
れる。しかしながら、ブラックボックステストにおいてテストケースの優先度付けを行う方法は、最適化に利用できる情報が限られていることもあり既存研究に
おいて充分に明らかではない。
そこで我々は、過去の類似プロダクトにおけるテスト実行結果を利用し、新規プロダクトにおいてブラックボックスに実施される単体・結合テストのテストケースを蟻コロニー最適化を用いて優先度付けする枠組みを提案する。なお、本件のアイディアはICST 2015において発表済みであるが、それに加え本稿では未
発表である、実験において手法を実プロダクトへ適用した際の工夫および結果の詳細について報告を行う。
↑