キーワード検索


 2001年    2002年    2003年
 2004年    2005年    2006年
 2007年    2008年    2009年
 2010年    2011年    2012年
 2013年    2014年    2015年
 2016年    2017年    2018年
 2019年    2020年  
1 件の資料が見つかりました。
ダウンロード数: 458回
SQuBOK分類 :
年度 : 2014年   分科会 :
紹介文 :
 筆者は2008年にパナソニックエレクトリックデバイス(PED)のコーポレートSQAに着任、社内事業場のSQAの仕組み強化と役立ち度アップのため、SQAのスキル要件を定義し、必要スキルを満たすSQAがソフトウェアの監査を実施する仕組みとした。また、SQAスキル要件と連動したトレーニングマップを作成し、活用、改善を行ってきた。
 このPEDのSQAスキル要件を、パナソニック全社の車載関連部門のSQAに展開し、さらに広範囲のSQAのレベルアップを図ることになった。そこで、スキル要件の更なる体系化の検討を行った結果、SQuBOKを活用することとした。SQAに関する知識体系であるSQuBOKを活用することで、求めるSQA像を、より分かりやすく表現することができ、スキル要件の客観性、網羅性、使用性が向上することを期待したためである。
 本取組みと、SQuBOKを用いて得られたメリット、更に、今回改定したSQAスキル要件とひも付いたトレーニングの体系、スキルレベルの認定制度など、パナソニック車載関連部門におけるSQA育成の取組みを共有し、SQAの育成について、共に考える機会としたい。
↑