キーワード検索


 2001年    2002年    2003年
 2004年    2005年    2006年
 2007年    2008年    2009年
 2010年    2011年    2012年
 2013年    2014年    2015年
 2016年    2017年    2018年
 2019年    2020年  
1 件の資料が見つかりました。
ダウンロード数: 194回
SQuBOK分類 :
年度 : 2015年   分科会 :
紹介文 :
システム開発において、外部仕様書(要件定義書や外部設計書)の品質は、後続の成果物の品質やその作成に要する工数に多大な影響を与える。しかし、実際の開発では外部仕様書の作成やレビューに使える時間は限られており、外部仕様書のエラーを完全に除去することは現実的ではない。そこで、作成した外部仕様書が次工程の作業開始に問題ない品質を備えているかを系統的かつ簡便に評価する方法が求められる。本論文では、ファンクションポイント法(FP法)の計測観点にもとづき、外部仕様書の品質を定量的に評価する手法を提案する。提案方法では、“外部仕様が確定していればFPの値は一意に決まる”というFP法の原理を応用し、FPの値が一意に決められない記述は外部仕様が確定していないと判断する。またそれらをもとに、外部設計完了時点の外部仕様書に求められる情報量を100%の満点とした『外部仕様の確定度合い』を算出する。実際のプロジェクトに適用した結果では、外部仕様の確定度合いが高いプロジェクトほど、プロジェクトの実績が良いことがわかった。本手法を用いることで、外部仕様書の品質を系統的かつ簡便に評価でき、外部仕様が確定していない改善すべき箇所も明確にできる。
↑