キーワード検索


 2001年    2002年    2003年
 2004年    2005年    2006年
 2007年    2008年    2009年
 2010年    2011年    2012年
 2013年    2014年    2015年
 2016年    2017年    2018年
 2019年    2020年  
1 件の資料が見つかりました。
ダウンロード数: 377回
SQuBOK分類 :
年度 : 2016年   分科会 :
紹介文 :
ソフトウェアの品質を高めるためには、不具合の再発防止と未然防止が重要である。その手段として、FMEAやFTA、HAZOPなどのリスク分析手法が知られているが、ソフトウェア開発では効果的に実施できず、普及しているとは言えない。
その理由は、ソフトウェアでリスク分析を行う際に、不具合(FMEAでは故障モードと呼ばれる)の発想が難しいからである。よって、リスク分析を効果的に行うためには、発想を促すキーワード(観点)が重要と考えた。観点の例としては、HAZOPにおけるガイドワードがあるが、パラメータに着目した汎用的なものとなっている。FMEAなど他のリスク分析手法にいたっては、ソフトウェア開発に有効な観点は知られていない。
そこで東芝では、組込みソフトウェア開発一般向けの「観点リスト」を用意し、それを発想の際に用いることでソフトウェアにおけるFMEAの実施効果が高まることを確認してきた。
しかし、組込みソフトウェア開発一般向けの観点リストでは、製品の特性に応じた不具合の発想が難しい。そこで、より効率的・効果的にリスク分析を行うことを目的に、製品分野に特化した観点リストを用意する方法(手順)を開発した。
本論文では、製品分野に特化した観点リストを開発するための方法(手順)を述べる。そして、実製品開発でのエンジニアによるアンケートと、実際に計測した不具合の発現密度から、その実施効果を述べる。
↑