アジャイル導入組織におけるQA駆動の改善アプローチの提案
ダウンロード数: 111回
発表場所 : SQiP研究会
紹介文 :
開発チームがアジャイル開発のフレームワークを取り入れようとしたとき、従来、QAを行っていたチームはそれにどのように対応していけばよいだろうか。従来のやり方、考え方では、現場レベルでうまくかみ合わないことが多い。本論文は、現場レベルでどのようにやり方、考え方を変えていけばよいか、その対応のガイドラインを提案している。
概要 :
アジャイル開発の導入を始めた組織において,品質保証(QA)担当者が起点となる開発プ ロセスの改善アプローチを提案する.従来の WF(ウォーターフォール)開発プロセスから移 行し,アジャイル開発の導入を始めた時点では,組織のアジャイル開発の習熟度は低い状 態である.アジャイル開発の失敗を避け効果を早期に得るためには,開発の経験を学びに 変え,改善を進めることが重要である.我々は,複数のスクラムチームを横断して関わる QA の立場から,スクラムチームの学習速度を速め,改善を促すアプローチを提案する.具 体的には,QA がスクラムチームへ関わる際に,チームの課題を発見し,改善を促すための QA アジャイルガイドラインとその活用方法について提案する.また,当ガイドラインの作 成を試行した結果について述べる.
↑