指摘を前向きに受け止めてもらうためのレビュー手法提案 ~RCS法(レビューコミュニケーションスタイル手法)の提案~
ダウンロード数: 109回
発表場所 : SQiP研究会
紹介文 :
レビュー指摘の伝達において、指摘の意図や期待を作成者に上手く伝えることを目的として、「レビューコミュニケーションスタイル手法」を提案しています。
人と人とのコミュニケーションにおいて「人の好みや性格」といった重要とされつつも取り扱うことが難しかった領域に踏み込み、具体的に理論化・手法化してレビューで活用できるように工夫しています。
概要 :
本論文ではレビューアが指摘した意図や期待が伝わらず,レビューアの期待した通りに指摘内容が成果物に反映されない問題を解決した研究について述べる.
レビュー時に検出した指摘,及びアドバイスが成果物に反映されない,類似の指摘を埋め込んでしまうという問題について,その理由を「レビューアのコミュニケーションの癖や好む表現方法で作成者へ指摘を伝えている」および「作成者が好む言い回しや考え方を意識せずに伝える」の2点と考え,対策として「RCS法(レビューコミュニケーションスタイル手法)」を構築した.
本手法によりレビューア自身のコミュニケーションスタイルの理解,また作成者のコミュニケーションスタイルに応じた指摘の伝え方を支援する仕組みを確立した.本研究では,RCS法を用いることで課題が改善されるかについて,研究員による簡易実験と研究員各社のプロジェクトでアンケート調査を実施し,検証した結果,レビューアが作成者のコミュニケーションスタイルに合わせて,指摘の伝え方を変えると,作成者が期待する行動を取るという分析結果を得た.
↑