製品検査における仕様書記載外の問題点摘出強化に向けたテスト観点拡充方法の検討と実践
ダウンロード数: 203回
SQuBOK分類 :
年度 : 2015年  
紹介文 :
ソフトウェアのテストは設計段階に作成した仕様書をベースに実施されるテストが多くの割合を占めているが、市場不具合の多くは仕様書記載外の問題に起因して発生している傾向が見えている。

我々の事業部では設計・コーディング・テストなどの開発作業を実施する開発部署とは独立した組織として品質保証部があり、開発部署の全工程完了後に出荷可否の判断として最終的な製品検査を実施している。

実際の製品検査で摘出された問題点をみたところと、仕様書記載外の問題点が多く摘出されているが、テスト項目自体は仕様書ベースのものが大半を占めていた。
以上から、仕様書ベースのテスト項目であっても、偶発的な何らかの条件が加わることで、仕様書記載外の問題点を摘出できているのではと考えた。

そこで、製品検査で仕様書記載外の問題を摘出したテスト観点やテスト項目の分析を実施した。
その結果、仕様書記載外の問題を摘出するためのテスト観点として設計段階で考慮すべき観点とテストの実行段階で考慮すべき観点があることが分かった。

これらの分析結果を踏まえ、仕様書記載外の問題を効果的に摘出するための観点を纏めることを考えた。
今回は、実際に発生した市場不具合の起因となった問題点から、当該問題を摘出するために必要だったテスト観点を教訓集として纏めた。

本発表では、以上の分析の流れや、得られた考察、そして作成した教訓集を実際の製品検査に適用した結果を報告する。
↑