車載システム製品へのコンカレント開発の適用-新規開発における開発期間短縮へのアプローチ-
ダウンロード数: 361回
SQuBOK分類 :
年度 : 2014年  
紹介文 :
センサで車両周囲の環境を検知し、その結果を用いて車両制御する超音波センサシステムの新規開発を担当している。このシステムは、ユーザの実使用環境の影響を受け易いため、仕様開発と量産開発の2つのフェーズに分けて開発している。
しかしながら、近年、自動車メーカからの車載システム機能の高度化、複雑化、短納期かつ高品質要求に応えるためには、従来の2フェーズ開発方式を保つことが難しくなった。
そこで、前後二つのフェーズの一部を重ね合わせたコンカレント開発方式に切り替えることで、品質を落とさずに製品開発期間を短縮する効果を得た。本発表では、具体的な施策と、その結果について紹介する。
↑