プロセスメトリクスを用いたシステムテスト検出バグ数の予測
ダウンロード数: 211回
年度 : 2012年  
発表場所 : SQiPシンポジウム
紹介文 :
システムテスト工程のバグ数が、上工程設計製造工数に強く相関していること、上工程全体工数(設計製造工数+レビュー工数)に対する上工程レビュー工数の比率がある値よりも低い場合に、バグが多発することが判明したとの報告です。対策として、上工程レビュー比率について基準値を設け、上工程完了時にシステムテストバグ数を見積もることが提案されています。
概要 :
Development project consume many efforts by correcting bugs in the final stage of test. As a result,development project delayed in shipment time for delivery. In this paper the author introduce a model for
estimation of the number of bugs in the final stage of development by using the metrics collected now, and the author considered the factor that bugs in the final stage of development extracted. As a result, it became clear that the number of bugs in the final stage of development was concerned with the design effort and review effort of an upper process.
↑