開催概要
9/14(水)併設チュートリアル
「併設チュートリアル」とはシンポジウム本会議の前日に開催される半日の講座です。
毎年、今話題の内容や、ソフトウェアの技術者には必要不可欠な、そして普遍的に必要性のあるテーマを一流の講師陣でそろえています。
是非、シンポジウムと併せてご参加ください。
9/15(木)、16(金)本会議
講演、一般発表、企画セッション、SIG(Special Interest Groups)、クロージングパネルディスカッションなど、仲間と出会うことのできる、互いにステップアップすることのできるイベントをご用意しております。
基調講演 特別パネルディスカッション
失敗を防ぐマネジメントから成功を続けるマネジメントへ

芳賀 繁 氏
立教大学
現代心理学部心理学科
自動車の自動運転と運転支援における品質保証(仮)
会場
東洋大学 白山キャンパス
http://www.toyo.ac.jp/site/access/access-hakusan.html
〒112-8606
東京都文京区白山5-28-20
参加費 (すべて税込み。1名分)
① 一般 41,040円 早割 32,840円
※ 8月4日申込み分まで
② 日科技連賛助会員/後援・協賛団体会員 38,880円 早割 31,110円
※ 8月4日申込み分まで
③ 団体申込
30,240円 1回で3名以上お申込みの場合、早割適用外
④ 発表者 5,400円 本人のみ
⑤ 共同執筆者 19,440円 発表1件につきお一人
⑥ 学生 5,400円  
⑦ 併設チュートリアル 5,400円  
⑧ 併設チュートリアル+1日目基調講演セット 8,640円  
PMP(R)向けPDUの発給
日本科学技術連盟は、PMI®認定教育プロバイダー(REP)であり、 「ソフトウェア品質シンポジウム」は、PMP®向けのPDU発給の認定対象となっています。
PDU発給申請者には、シンポジウム終了後に参加証明書を発給いたします。発給方法の詳細は当日配付の「シンポジウムガイド」にてご案内いたします。

(2015年度実績、2016年度申請中)
Awardについて
日本科学技術連盟では、本シンポジウムの一般発表の中で内容の優れた経験論文と経験発表に対し、「SQiP Best Paper/Report Effective Award」(実践的で、現場で品質向上にすぐに役立つもの)「SQiP Best Paper/Report Future Award」(将来役に立つ可能性を秘めているもの)を審査委員会で選定し、表彰します。
また、もっとも分かりやすく、効果的な発表に対し、「SQiP Best Presentation Award」をシンポジウム参加者の投票により選定し、表彰します。各賞の表彰は、シンポジウムの最終日に行います。

過去の受賞者リストはこちら