キーワード検索


 2001年    2002年    2003年
 2004年    2005年    2006年
 2007年    2008年    2009年
 2010年    2011年    2012年
 2013年    2014年    2015年
 2016年    2017年    2018年

1 件の資料が見つかりました。
ダウンロード数: 40回
SQuBOK分類 :
年度 : 2018年   分科会 :
紹介文 :
開発プロジェクトの終了時に「振り返り」を行い、次の開発プロジェクトへの教訓として「KPT(KEEP:良い点、PROBLEM:問題点、TRY:改善点)」を挙げている。
しかし、次の開発プロジェクトでKPTが十分実践されていないという問題がある。
本問題に対し、以下2つの原因があると考えた。
・振り返りが不十分で、KPTの内容に納得感がない。
・次の開発プロジェクトでの実践を、プロジェクト内メンバに任せている。

そこで、我々は「FOPA(*)振り返りプロセス」を作成し、「十分な振り返り実現による納得性向上」と「KPTの実践支援方法確立」を実現することで、これらの原因を対処した。

さらに、開発現場での実践を通じて「より手軽に振り返りを行い、かつKPTの実践支援を強化したい。」という意見を受け、「FOPA振り返りプロセス Ver.2」として改善し、プロセスの軽量化と支 援体制の強化を行った。

本発表では、「FOPA振り返りプロセス Ver.2」における、狙い、プロセス体系と内容、開発現場での効果検証結果、および今後のさらなる活用に向けた展望について述べる。


*FOPA: Full persuasive and Organized Process of retrospective with Aggressiveness の略
 (十分な納得性をもって 組織的な振り返りプロセスを 意思をもって積極的に行動する)
↑