キーワード検索


 2001年    2002年    2003年
 2004年    2005年    2006年
 2007年    2008年    2009年
 2010年    2011年    2012年
 2013年    2014年    2015年
 2016年    2017年    2018年

2 件の資料が見つかりました。
ダウンロード数: 115回
SQuBOK分類 :
年度 : 2015年   分科会 : 2014年度第3分科会
紹介文 :
ソフトウェア開発において、有識者によるレビューは非常に重要である。しかし、ドメイン知識の豊富な有識者の数は限られており、有識者にかかる負担は大きい。有識者の負担を減らす為には、レビューアへの教育が必要である。我々はレビューアが早期にドメイン知識を習得し、より質の高いレビューができるようにするトレーニング手法について研究してきた。
我々は2014年度SQiP研究会にて仕様書に意図的にエラーを埋め込み、それをレビューする手法(EIDeR-Training 法:Error Injected Document Review -Training 法)を提案した。ドメインに特化した欠陥を仕様書に埋め込み、教材とすることで、失敗の疑似体験を可能とした方法である。EIDeR-Training 法の教材の作成は20分程度で可能であり有識者への負担は比較的少ない。実験から一定の効果は見られたものの効果にばらつきがあった。
本報告では効果にばらつきがみられる原因について考察し、EIDeR-Training法の改良を行った。実験の結果、シナリオレビューの手法を取り入れレビューアのレベルに合わせた教材を使ったEIDeR-Training法により、若手レビューアの不具合検出率は33%~300%向上した。
本報告では、提案手法とその実験の結果、考察について述べる。
ダウンロード数: 37回
SQuBOK分類 :
年度 : 2015年   分科会 : 2014年度第3分科会
紹介文 :
設計書が完成した時点でのみ実施するレビューでは,たとえレビューで適切な指摘ができたとしても,重大な欠陥が発見されると,その修正に大きな手戻りが発生する.また,残りの期間ではリカバリできない等の理由から,レビューによる是正効果が完全には発揮できていない問題がある.
その解決のために,我々は 3 分割レビューを提案する.3 分割レビューとは,各設計工程の期間を 3 分割し,1/3 時点,2/3 時点,3/3 時点の3回(以後「完成時点」と記載)で予め用意したレビュー観点表を用いてレビューを行うことで,手戻り工数削減,開発計画の遵守を実現させるためのレビュー手法である.
本提案の有効性を,基本設計工程の 1/3 時点レビューの実験より検証した.工程の 1/3時点であっても,設計の根幹に関わる重大欠陥の検出は可能であり,手戻り工数の削減,開発計画の遵守の 2 つの課題からも有効であるということを確認した.
また,プロジェクト特性に基づくレビュー観点表の具体例を複数作成し,現場適応性を高めた.
↑