キーワード検索


 2001年    2002年    2003年
 2004年    2005年    2006年
 2007年    2008年    2009年
 2010年    2011年    2012年
 2013年    2014年    2015年
 2016年    2017年    2018年

1 件の資料が見つかりました。
ダウンロード数: 125回
SQuBOK分類 :
年度 : 2014年   分科会 :
紹介文 :
ソフトウェアの欠陥はリポジトリシステムによって管理されることが多くなっており,リポジトリシステムとCI(continuous integration)ツールを連動させ,開発からテストといったソフトウェア開発の全工程を管理することも往々にして行われている.そこで,我々はCIツールへのプラグインとして,リポジトリシステムで管理されている欠陥データから,それぞれの欠陥に対して発見した時間を取得,ソフトウェア信頼度成長曲線に適応,今後発生すると予測される欠陥数についてグラフ化を行い,CIツールにて確認できる環境の構築を行った.
我々が開発したプラグインを用いることで,予測される欠陥数を定量的に把握することができ,開発者やマネージャが悩んでいた欠陥数を見積もることができ,開発の進捗状況を日々確認することができる.加えて,残りの欠陥について後どれだけの欠陥を発見すればよいか定量的な目標ができ開発者のモチベーションの向上や維持につながることが期待される.本研究は共同研究企業とともに有効性を検証している.
↑