ソフトウェア品質不安に対する心理的側面に着目した、レビュー計画作成技法の提案
ダウンロード数: 362回
発表場所 : SQiP研究会
紹介文 :
現場での課題の分析結果から、レビュープロセスを改善しています。具体的な手順や帳票も提案されており、すぐに現場で活用することが可能です。また、レビューの真の目的は「ソフトウェア品質に対する不安を除去すること」との認識から、不安ヒアリングシートという帳票が開発されており、ユニークな発想で興味深いです。
概要 :
ソフトウェア開発過程におけるレビューの重要性は開発者に広く認識されている。しかし、現場で実際に行なわれているレビューの多くは、問題点が多く成功しているとは言えないものが多い。本研究では、現場で発生しているレビューの問題を調査し、その原因を分析した結果から、レビューアとレビューイ間でレビューの目的/観点等を決定し、合意形成を行うレビュー計画作成技法「合意駆動レビュー技法」(Consensus Driven Review Technique:CDR技法)を提案する。加えて、提案手法の問題点や限界についての考察から「なぜレビューを行うのか」について検討し、レビューの真の目的は「ソフトウェア品質に対する不安を除去すること」であるとの結論を得た。
↑