組み込みソフトウェア開発現場のための「過去トラ」の有効活用~高品質・短納期を目指して~
ダウンロード数: 5634回
発表場所 : SQiP研究会
紹介文 :
過去に発生したトラブル事例を有効活用を図るための、阻害要因を事例から追及し、どのように構成すればよいか、スクリーニングの方法等を研究した論文である。結論は使い続けることが必要。
概要 :
組み込みソフトウェア開発では、その開発規模が年々増大する中、高品質・低コストかつ短納期の達成を強く求められている。そのため、開発の上流工程での品質作り込みと下流工程での手戻り低減が、ますます重要になってきている。開発現場ではさまざまな改善活動が行われており、そのひとつに過去のトラブル事例(以下、「過去トラ」と呼ぶ)の活用がある。
これは、不具合事例を収集し共有することで、手戻りの予防や、再発クレームの削減を目指すものである。しかし、実際に発生している手戻りやクレームの内容を見ると、「過去トラ」の教訓やノウハウを活用していれば防げたものも多く、「過去トラ」が有効活用されているとは言いがたい状況である。そこで組み込みソフトウェアの開発現場で「過去トラ」を有効活用するための施策を検討し、検証を行った。
↑