組み合わせテストを用いたソフトウェアテストとその限界
ダウンロード数: 307回
年度 : 2006年   分科会 : 第5分科会「テスト」
発表場所 : SQiP研究会
紹介文 :
直交表を用いた組合せテストの方法について丁寧に記述されています。また、適用した結果に対する考察が行われていますので、これから、直交表を使ってみようという人にとってとても参考になると思います。
特に、因子と水準を選定することの重要さについて書かれており、直交表を活用するテスト技法にとどまらず、その先に何が必要かが示されています。
概要 :
ソフトウェアの多機能化、肥大化に伴いテストすべき対象が膨大化する一方、テスト期間の短期化が求められている。組み合わせテストを効率的におこなう
手法として直交表( 実験計画法)がある。この直交表の有効性及びその限界について研究をおこなった。
↑