不具合と開発現場の実態に基づくテスト分析手法の提案
ダウンロード数: 850回
SQuBOK分類 :
年度 : 2015年  
紹介文 :
我々の組織では、再発防止すべきと判断された不具合を特別なインシデント管理システムで管理し、再発防止策と共に記録している。
しかし、「どのようなテストを行えばその不具合を早期に発見できたのか?」については十分検討されているとは言えない状況であ
る。特に、システムテストなどの上位のテストレベルで発見すべき不具合であるほどその傾向が強いことが経験的にわかっている。た
だし、定量的には定かではない。そこで、現状の調査・分析を行うことにより不足しているテスト技術を特定し、それを補うための活
動を始めた。
まず、インシデント管理システムに記録されている不具合情報から、それらの不具合を発見するためにどのようなテスト分析/設計技
術が必要であったのかを分析した。次に、その分析結果を基に、幾つかの開発現場におけるシステムテストレベルのテスト分析/設計
プロセスを調査し、プロセス上の問題点を特定した。更に、それらの調査結果から判明した不足しているテスト技術を補うテスト分析
/設計手法を確立した。最後に、この手法をアンケートと実際の製品への適用により評価した。
提案手法の主な特徴は、テストタイプごとに思考過程を定めていること、不具合が起こりやすい条件「不具合誘発条件」を導出するこ
と、基本的なテスト設計技法の使用を促進することである。
本報告では、提案手法に至る一連の活動、提案手法およびその評価結果について述べる。
↑