テストの自動化による工数削減
ダウンロード数: 2113回
年度 : 2006年   分科会 : 第5分科会「テスト」
発表場所 : SQiP研究会
紹介文 :
テストの自動化に関心のあるプロジェクトは多いので、どのように導入を進めればいいのか、実際に導入するとどこで困るのかがわかりやすく書かれています。自動化の場合は特にそれに向けた戦略が重要なので、計画段階で自動化を見据えた計画にしても良いと思いますが、この報告に書かれているポイントを押さえる事で、自動化による「こんなはずではなかった」はかなり防げるのではないでしょうか。
概要 :
ソフトウェアが世の中に浸透するにつれて、その重要性は日増しに高まっており、求められる品質も高くなっている。しかし、ソフトウェアの開発においては、規模が拡大している一方で、期間は短縮される傾向にあり、品質の作り込みが大変困難となっている。そこで我々研究員は、工数削減、品質向上を目的としたテストの自動化にテーマを絞り、各種文献やセミナーへの参加を通して自動化テストに対する調査を行った。そして、「スモークテストの自動化は効果的である」という調査情報を基にスモークテストに対して自動化テストツールの適用を試みたところ、ツールを適用しなかった場合と比較して、工数削減を実現することができた。
↑