テスト技法を適用する際に支障となる事項とその解決策
ダウンロード数: 101回
発表場所 : SQiP研究会
紹介文 :
ソフトウェアテストにおけるテスト技法については、効果は理解されているものの展開が難しく、人によるばらつきや抜け漏れのためにテスト品質が
確保できずにお困りの方も多いのではないでしょうか。
とはいえ、本や机上で学んだだけでは、適用が難しいのも事実です。
この論文では、テスト技法を現場に適用したときの問題を想定し、解決策を提案しました。
概要 :
研究員の所属する組織では、ソフトウェアの機能が増大し複雑になっているにも関わらず、開発期間が短縮されテスト期間が十分にとれない状況である。そのため効率的にテストを行うための手段であるテスト技法を学び実業務への適用を試みる。しかし、テスト技法を学んでもなかなか実業務では適切に適用できず、作成したテストケースは人によりバラつきが発生する。
本研究では、実業務において適切にテスト技法を適用する際に、支障となる事項と除去方法をまとめ、テストケース作成における属人性を排除する条件を抽出した。
↑