マインドマップを適用したソフトウェアテストプロセスの構築
ダウンロード数: 216回
発表場所 : SQiP研究会
紹介文 :
効率的かつ効果的なテストを行うためには、テストアーキテクチャの設計が重要なポイントです。
そこで、発想を整理するマインドマップを使ってテスト観点を抽出し、その観点の整理方法とともに、テストプロセスを提案したのが、この論文です。
提案する手法は、実際にソフトウェアテスト技術振興協会(ASTER)の「テスト設計コンテスト」に出場して効果を検証したものです。
概要 :
ソフトウェアのブラックボックステストでは、テスト対象の仕様の明確化が重要な要素である。そのためには機能とテスト観点の抽出が不具合を検出する上での重要な要素であると考えた。そこで我々は、SQiP研究会の分科会活動で実習し、ソフトウェアテストにおける機能とテスト観点の抽出方法の場面で、手軽に利用できかつ観点抽出等に効果があるマインドマップの適用を研究した。マインドマップを使用した機能とテスト観点の抽出方法と、抽出結果をテストアーキテクチャ設計以降に利用できるようにするための整理方法を定義し、さらにこれらの手順をソフトウェアテストプロセスとして構築した。構築したソフトウェアテストプロセスを実際のソフトウェア開発プロジェクトに適用した結果、マインドマップで新たなテスト観点を抽出することができた。
↑