仕様に関する観点を加味した回帰テストケース選択手法の提案
ダウンロード数: 424回
発表場所 : SQiP研究会
紹介文 :
ソフトウェア開発において変更が発生したとき、すべての範囲をテストしなおすことは難しい場合に、回帰テストの優先順位をつける方法を提案しています。
限られた期間でデグレードの確認が必要な場合にお勧めです。
概要 :
ソフトウェアに変更を加えた際、デグレードという現象が生じることがある。「ソフトウェアへの変更」によって生じる「デグレード」の有無を調べるテストを回帰テストと呼ぶ。もし、デグレードがソフトウェアのどこに発生するのか予測できない場合は、ソフトウェアの品質を保証するためには実施済みのテストをすべてやり直さなければならない。しかし、回帰テストを実施する時間をそれまでのテスト時間と同程度に確保できることは通常ない。そこで、過去の経験、変更範囲および変更した機能との関連性等からデグレードが発生すると思われる範囲を推測し、回帰テストを行うことになる。しかしながら、影響を受ける範囲および影響の受ける程度をどのように割り出したのかを明示することは難しい。そこで、仕様に関する観点についてあてはまるかチェックをし、回帰テストを実施する際の優先順位を算出することで、より確証が得られるテストケース選択手法を提案する。
↑