レビューアのドメイン知識を飛躍的に向上させるトレーニングの提案~ 実成果物の利用により実践的なレビュースキルを向上 ~
ダウンロード数: 216回
発表場所 : SQiP研究会
紹介文 :
エキスパートレビューアを育成するためのトレーニング手法として、特に伝え方や教育が難しいドメイン知識に着目し、経験の浅いプロジェクトメンバーに実務において失敗させずにドメイン知識を習得してもらう手法として、EIDeR-Training法(Error Injected Document Review - Training 法)を提案している。短時間での教材作成や、個人学習なのに疑似的失敗体験ができる仕掛けなど工夫がされている。
概要 :
ソフトウェア開発において、ピア・レビューを成功に導くためには有識者、とりわけエキスパートレビューアの存在が欠かせない。作成担当者にはない知識、経験からの知見が必要なためである。
しかしエキスパートレビューアは少数かつ多忙のため、必要なレビューに参加しきれない問題がある。また、知識や経験の伝え方に頭を悩ませている。
エキスパートレビューアや教育担当者の限られた時間の中で、経験の浅いプロジェクトメンバにレビューで必要な知識を早期に伝えるためにはどのようにしたらよいか。
考察の結果、開発現場で実際に使用している仕様書に欠陥を埋め込んだものをトレーニング資料として使う、EIDeR-Training 法(Error Injected Document Review – Training 法)を提案する。実験の結果、この方法によってプロジェクト内の立場に関係なく欠陥検出率の向上が確認できた。
↑