要求定義工程での品質保証とシステムテストのテストケース自動生成新技法 
ダウンロード数: 108回
年度 : 2013年  
発表場所 : SQiPシンポジウム
紹介文 :
Pair-wise法を適用するにあたって必要となる因子・水準・制約を、論理的に導出する方法を提案しています。これらがツリーとしてモデル化されることからレビューが容易になり、思考の過程も蓄積されるという長所があります。さらにそのモデルからテストケースの抽出にまでつなげているところもポイントです。
概要 :
テストの作業は、テストの実施内容を記述したテストケースを作成するテストケース設計作業と、作成されたテストケースを実行、評価するテスト実施の2つの作業がある。特に、テストケース設計作業の段階で無駄、漏れがあれば、実施されたテスト作業は意味を失う。特に、ソフトウェアが高機能化、肥大化が進んでいる現在、テストケースとして考慮するべき入力パラメータも増大し、かつ、パラメータ間の制約条件も複雑になっている。この様な状況で、組合せテストを考えなければならない開発者、テスト担当者に大きな負担がかかっている。複雑化したパラメータを考慮した組合せテストを支援するツールとしてPIC などがあるが、テストケースを生成するための入力等が複雑であるため、標準的なツールとして導入が進んでいない。本論文では、この組合せテストに関連した問題を解決するために開発されたFeature
Oriented Testing 技法について述べる。
↑