ソフトウェア成果物の品質評価方法の研究
ダウンロード数: 1135回
発表場所 : SQiP研究会
紹介文 :
ソフトウェア成果物の品質を測定する際の、①プロセスに着目した評価方法と②プロダクトの品質特性に着目した評価方法の両面について整理し、開発現場で実践的に活用できる分析方法を提案しています。
概要 :
近年、社会的に大きな影響を及ぼすシステム障害が多く発生している。以前に比べて、時代の流れとともにデジタル化が進み、ソフトウェアの規模が大きく膨らみつつあることや、インターネットの普及や携帯電話の進化により、ソフトウェアを使用する機会が増加したことなど、ソフトウェアの重要性が高まってきている。
こうした中、ソフトウェア成果物の品質を確保することは重要なことであり、各社取り組んでいる。しかし、開発段階におけるソフトウェア成果物の品質評価は難しく、確信できる方法で行なっているとは言えない状況にある。
当分科会では、ソフトウェア成果物の品質評価方法に注目し、開発現場で活用できる品質評価方法について、研究をおこなった。
↑