SIGテーマ募集

SIGのテーマとリーダー募集! ~話せば話すほど、新しい発見が!~
ソフトウェア品質シンポジウム2017 SIG小委員会委員長
鬼頭 素子
SIG(Special Interest Group)とは、特定の興味あるテーマについて、参加者がお互いに知識や情報を交換したり、その道の専門家の考えを聞いたりする"場"を意味します。
SQiP(ソフトウェア品質シンポジウム)では、より多くの方に参画する機会を増やしたいと考え、毎年SIGのテーマ、及びリーダーを募集しています。

普段ご自身が抱えている課題について、いつもとは違うメンバで議論してみたら、意外な答えが見つかるかもしれません。
すでに独自の勉強会やコミュニティで活動されているのであれば、そのテーマを普段活動している仲間とは異なるドメイン、年代、役職の方と討論し、共有することで、新たな発見や気づきを得る場になるでしょう。
積極的なご提案をお待ちしております。

SIGの実施時間は1時間半程度を予定しています。
実施が決定したSIGテーマへの参加者は、SQiP2017の参加者の中から募ります。具体的には、SQiP2017参加申込時に複数のSIGテーマから興味のあるSIGテーマを1つ選択していただいています。
2016年は200名を超える参加がありました。
2016年のテーマの一覧は下記URLをご覧ください。
http://www.juse.jp/sqip/symposium/2016/timetable/sig/
SIG風景
SIG風景

SIGの基本的な流れ

  • 簡単な自己紹介
  • ポストイットを使った問題や課題、興味の洗い出し(グルーピング)
  • 模造紙の利用:
    KPT法、KJ法、フローチャート、マインドマップなどを使った可視化

会場と準備品について

会場

  • 机、椅子とも移動できる会場をご用意する予定です。
    レイアウトを変更されました場合の机・椅子は、必ず 現状復帰 いただきますようご協力お願いいたします。
  • 会場には備え付けのプロジェクタと黒板がございます。

準備品

  • ポストイット、模造紙、A3用紙、サインペン(黒・赤・青)は、事務局で準備いたします。
    ※ 上記の他に利用したい備品、資料がある場合は、各自ご用意ください。
  • PCを使用される場合は、ご持参ください。
  • プロジェクタを使用される場合は、RGB( 15ピン、オス)もしくはHDMIケーブルをご持参ください。
    プロジェクタのケーブル差込口は教壇の操作パネルで固定式です。長めのケーブルのご準備をお勧めいたします。準備できない場合は、事務局にご相談ください。

応募要領

SIGリーダーの役割 SIGのリーダーは、9/14(木)午後に会場にお越しいただき、SIGの進行役を担当いただきます。議論において参加者が発言しやすい場を作り上げます。発言者、発言量を適量に調整したり、議論に行き詰ったら、異なる視点を投げかけたりします。その場で特定の課題の解決策を提示したりする必要は必ずしもありません。
応募方法 SIGテーマ申込書に必要事項をご記入の上、sqips-jimu@juse.or.jp 宛にお送りください。
募集テーマ数 10〜12(使用できる会場数に限りがあります。)予定
参加費 リーダー、サブリーダー、各 5,400円
応募締切 2017年6月2日(金)15:00 締切りました。
採否通知 シンポジウム委員会で検討の上、6月中に採否をお知らせいたします。