過去の受賞者

各Awardについて

ソフトウェア品質シンポジウムでは、一般発表(経験論文/経験発表)の中で内容の優れた発表に
対し、「SQiP Best Paper/Report Effective Award」「SQiP Best Paper/Report Future Award」「SQiP Best Presentation Award」 を選定し、シンポジウム会期中に受賞者を表彰しています。

2013年度から

SQiP Best Paper/Report Effective Award

実践的で、現場で品質向上にすぐに役立つもの(審査委員会で選定)

SQiP Best Paper/Report Future Award

将来役に立つ可能性を秘めているもの(審査委員会で選定)

SQiP Best Presentation Award

もっとも分かりやすく、効果的なもの(2013年度から新設、参加者の投票により選定)

2012年度以前

SQiP Effective Award

実践的で、現場で品質向上にすぐに役立つ発表

SQiP Future Award

将来役に立つ可能性を秘めた発表

SQiP Review Committee Award (2013年度のみ)

査読委員賞。審査委員が「有用性」「信頼性」「構成と読みやすさ」の3つ視点から総合的に判断し、優れた報文を選定。

受賞者の声 上司の声

受賞者の声

高野 愛美 様 SQiP Best Report Future Award受賞
株式会社日立製作所 サービスプラットフォーム事業本部
IoT・クラウドサービス事業部 ITソリューションQA本部

今回(SQiP2016)のソフトウェア品質シンポジウムでの発表・受賞により、発表しなければできな
かった様々な経験をさせていただくことができ、発表してよかったと改めて感じています。私はテスト
プロセス改善モデルであるTPI NEXTをテーマに発表しました。発表を通して、取り組みを整理することができましたし、他社の方々と意見交換することができました。また、受賞後もTPI NEXTの取組みに関するインタビューを受けたり、IPA/SECの「先進的な設計・検証技術の適用事例」に投稿する機会を得ることができました。

応募~発表までの準備期間は大変なこともありますが、ソフトウェア品質シンポジウムで発表することは、
取り組みの発展や、自身の成長に繋がる貴重な機会だと思います。
2016年度 各Ward受賞者(右から2番目が高野様)
2016年度 各Ward受賞者(右から2番目が高野様)

上司の声

梯 雅人 様
株式会社日立製作所 サービスプラットフォーム事業本部
IoT・クラウドサービス事業部 ITソリューションQA本部 本部長

梯 様
ソフトウェア品質シンポジウムでの発表の意義として、まず第一にこれ
までの仕事の成果を整理することで改めてその有用性を発見できたり、聴講の方々に理解していただくための説明の訓練の場として大変有効であると考えています。またこれより大きな効果として、自身の発表を通して他者の取り組みにも目を向けられるようになることだと感じています。変化の激しい昨今、品質保証の活動はこれまでのようにベストプラクティスの
積み上げやその標準化だけではなく、ビジネス環境やお客様が感じる価値の変化に敏感に反応しながら取り込んでいくことがますます重要になって
います。今回の経験が自部門の取り組みだけでなく、社内外やグローバルでの取り組みにも目を向け、自らのミッションに最適な活動を自ら考えて推進していくための礎になるのではないかと期待しています。

過去の受賞者

2016年度

SQiP Best Paper Effective Award ISVアプリケーションの受入テストにおける探索的テストの導入効果 森 一郎
荒木 伸昌
東 正浩
NECパーソナルコンピュータ株式会社
SQiP Best Report Effective Award 妥当性確認におけるユーザ観点のシナリオテスト適用の実施事例 森中 秀明
関水 宗樹
アンリツネットワークス株式会社
SQiP Best Paper Future Award GSNを活用した技術者能力計測手法の提案 梅田 浩貴
神戸 大輔
植田 泰士
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
竹村 俊介 有人宇宙システム株式会社
佐々木方規 株式会社ベリサーブ
SQiP Best Report Future Award 品質保証部門におけるテストプロセス改善モデル初期導入に関する取り組み 高野 愛美
河野 哲也
株式会社日立製作所
SQiP Best Presentation Award 不具合リスク発想のための観点の抽出方法とその効果 余宮 尚志 株式会社東芝
小島 昌一 東芝ソフトウェア・コンサルティング株式会社

2015年度

Best Paper Effective Award ファンクションポイント法を応用した外部仕様書の品質評価 成田 有希
柴原 英明
藤貫 美佐
戸村 元久
株式会社NTTデータ
Best Report Effective Award 「SQA監査」と「確証レビュー(ISO26262対応)」の融合 ~SQAの更なる役立ちに向けて~ 菅沼 由美子 パナソニック株式会社
オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社
Best Paper Future Award 記号実行を用いたテストデータ自動生成の試行評価 榎本 秀美 株式会社デンソー
Best Report Future Award 効率的な品質改善に向けたCMMI成熟度レベル別の要因分析 柳田 礼子 日本電気株式会社
Best Presentation Award ネットワーク型データモデルを用いた問題点の可視化と問題分析への応用例 角口 勝隆 株式会社日立ソリューションズ

2014年度

Best Paper Effective Award 車載システム製品へのコンカレント開発の適用-新規開発における開発期間短縮へのアプローチ- 林 健吾 株式会社デンソー
Best Report Effective Award ソフトウェア結合試験の期間確保による品質の向上 福田 伊津子 株式会社東芝
Best Paper Future Award 都度入力スタイルに導く工数入力定着モデルの提案 山路 厚 デンソーテクノ株式会社
Best Report Future Award 継続的システムテストについての理解を深めるための開発とバグのメトリクスの分析 荻野 恒太郎 楽天株式会社
D-Case導入によるシミュレーションS/Wの期待結果明確化と合意形成 森 素子 三菱電機株式会社
Best Presentation Award システムテストにおけるテスト分析手法の提案 永松 康能
牧 伸
中村 克也
テルモ株式会社

2013年度

Best Paper Effective Award デンソーにおける課題解決型リーダーの育成 上杉 卓司 株式会社デンソー技研センター
Best Report Effective Award システムテスト実施フェーズにおけるボトルネック/クリティカルチェーンを特定した残日数管理マネジメントとその効果 水野 昇幸 三菱電機株式会社
Best Paper Future Award HDR法:仮説駆動型レビュー手法の提案 ~HDR法の実践による生産性と品質の同時向上~ 高橋 功 ソーバル株式会社
Best Report Future Award バグレポートの改善に向けた問題事例の調査とアンチパターン化 鈴木 昭吾 バグ票ワーストプラクティス検討プロジェクト
Best Presentation Award HDR法:仮説駆動型レビュー手法の提案 ~HDR法の実践による生産性と品質の同時向上~ 高橋 功 ソーバル株式会社

2012年度

Effective Award 「KPT」と「なぜなぜ分析」を応用したKWS振り返りの研究報告  ~実際の現場で検証したKWS振り返りと、結果を横展開する仕組みの提案~ 花原 雪州 ソニー株式会社
Future Award レビューオリエンテーションキットを用いた育成によるレビュー文化の醸成  ―心構え、文化、技術観点の伝授によるレビュー人口増加― 川合 大之 株式会社日立ソリューションズ
Review Committee Award 派生開発における影響範囲抽出方法の提案  ~影響範囲の考慮漏れ防止を目指して~ 矢野 恵生 株式会社デンソー

2011年度

Effective Award 組み合せテスト技術の導入・定着への取り組み、および上流設計への適用検討の事例 中野 隆司
小笠原 秀人
松本 智司
株式会社東芝
株式会社東芝
東芝メディカルシステムズ株式会社
Future Award 間接的メトリクスを用いて欠陥予測を行うレビュー方法の提案  ―欠陥の位置と種類の特定によりレビューの効率と効果を向上― 中谷 一樹
2010年度SQiP研究会 第3分科会
TIS株式会社

2010年度

Effective Award 設計者自身による設計品質作り込み -テストエンジニア視点の活かし方- 大立 薫 ベックマン・コールター・バイオメディカル株式会社
Future Award プロセスメトリクス利用によるFault-Proneクラス予測精度の向上 纐纈 伸子 日本電気株式会社