ソフトウェア品質シンポジウム 2013

開催レポート 2
企画セッション、SQiP特別セッション

企画セッション
SQiP特別セッション

企画セッション

セッションD1:ミニセッション/パネルディスカッション
「ここがすごいよ」「ここが困るよ」短期開発

パネリスト:
小倉 達也氏(東京海上日動システムズ(株))、
志田 一茂氏((株)リクルートテクノロジーズ)
鈴木 準一氏(富士通(株))、高橋 一貴氏(ヤフー(株))

モデレータ:
服部 京子氏(日本アイ・ビー・エム(株))
パネリスト:左から鈴木氏、小倉氏、
高橋氏、志田氏
一番右がモデレータの服部氏
会場風景
本セッションは、「ここがすごいよ」「ここが困るよ」短期開発と題して、ミニセッションとパネルディスカッションが行われました。

ミニセッションでは、短期開発の取り組み事例の紹介がありました。

(株)リクルートテクノロジーズの志田 一茂氏は、どのようにして開発期間を縮めたかについてお話されました。
開発部分だけの取り組みでは、短期開発を実現できないため、ビジネス部門を含んだ取り組みが必要なことは、皆さんも感じていることだと思います。組織の距離を縮め、物理的な距離も縮め、組織間調整や意識合わせのための中間成果物など、組織に起因するあらゆる無駄を排除して、時間を短縮するというお話を伺い、王道はないのだと思いました。

ヤフー(株)の高橋 一貴氏は、状況把握→意思決定→実行サイクルを高速回転させる「爆速体制」になったことで、品質管理のありかたが、どのように変化したかについてお話されました。 グループ会社内にちらばっていた品質関連組織を統合し、ワンストップで品質に関する支援を受けられるようにしたそうです。品質組織の役割を門番からコンシェルジュに変化させ、品質支援を受ける開発側の満足度が上がったこと、結果として会社の業績向上につながったというお話は、大変参考になりました。また、リリース前の製品について不特定多数のユーザーからフィードバックを受けるのは、とても効率的で有効な手段だと感じました。いくら頑張っても自分たちで行うテストには限界があります。製品が市場に出ると、想像を超えた使い方をされることが度々あり、市場の怖さは身にしみています。

パネルディスカッションでは、短期開発の課題についての討論が行われました。

「ビジネス部門との間に意識の違いがある」、「以前ほど工数を掛けられないので開発案件を絞りたいが、どのように優先度を判断すればよいか」、「品質部門のかかわり方や品質評価の方法が分からない」といった質問が出されました。

優先度を判断するのではなく、順位を(それも下位から)つけてもらう方が解決しやすいという意見、順位をつける際、二者択一のバブルソートで順位を決めていくと納得感があるのではないかという意見に、なるほどと思いました。
また、現在ウォーターフォールで開発しているが、少しでもアジャイルの良いところを取り込みたいという意見がありました。
これから、ますます短期開発の要求が高まる中、同様に感じている方は多いと思います。
(レポート 三須 欣子)

セッションD2:パネルディスカッション
「品質エンジニアの育成」

パネリスト :
安達 賢二氏((株)HBA)、佐々木 方規氏((株)ベリサーブ)
鈴木 昭吾氏(バグ票ワーストプラクティス検討プロジェクト)
誉田 直美氏(日本電気(株))

モデレータ :
堀 明広氏((株)NTTデータMSE)
モデレータの堀氏
パネリスト:左から安達氏、佐々木氏、鈴木氏 パネリストの誉田氏(左)と安達氏(右)
品質エンジニアは多面的な問題を扱っていく必要があり、課題は多々あります。
本セッションでは、テーマを下記1項から3項に絞っての討論が実施されました。

テーマ1:品質エンジニアに求められる資質とは

自らが品質に関するしっかりとした価値観を持っていることです。つまり、規約等の取り決め事項に頼るのではなく、なぜそうあるべきかという品質への価値観を自らの考えで論理的に説明できることが必要です。これにより課題の本質を見抜くことができます。

テーマ2:品質エンジニアが自身で成長していくためには

育てることも、自ら育つことも同じであるとの結論です。つまり、自ら成長することは、他人から見れば育てられていることに他ならないと理解しました。

議論の中で一番印象に残ったKeyWordは「好奇心を持つこと」です。人は資質も経験も違う、それを見極めて指示してくれる上司がいれば幸運だし、さもなければ自ら目の前の事象にこだわりをもち、好奇心を駆り立てることが大切です。そうするには、組織に閉じず、外部のコミュニティへ飛び出して知見を得て本質を見極めることが大切とのことです。内的動機付けのトリガーは好奇心の源である外部コミュニティへの参加でしょうか。

また、議論の中で、育成のためのOJTが「任せる」ことを理由にOJに成ってしまっている状況について問題提起がありました。これもどこの現場でも経験する重要な課題です。これについては、任せること自体は問題ではないが、その人の強み弱みを把握した上で資質を活かせる任せ方が大切だし、任せる前にゴールを共有し、結果を評価できる仕組みを用意しておくことが重要とのことです。また、成長のためには、失敗を恐れない場を作ることが大切との意見もありました。

テーマ3:目標・モチベーションはどう持って行くべきか

モチベーションは達成感から来るという展開から、「品質エンジニアの達成感とは」という議論になりました。
達成感とは、「目標を達成した」という自らの気持ちに止まらず、取り巻きからも評価してもらうことが重要であるとのことです。そのためには、自ら提案した取り組みが取り巻きの理解を得て進められることが条件だし、組織で仕事をしている以上、お客様、協業他社のステークホルダの評価も大きな満足感につながります。

会場へのメッセージ

最後にパネラーの皆様から会場へのメッセージがありました。
日本のソフトウェアの強みは品質であり、それを活かすことが今後の業界を支え、さらにこの業界で働きたい人たちを増やします。そのためには、品質技術は特別なものではなく携わる者全員の当たり前のスキルとすることが大切です。自ら能動的に品質に関わることが大事だし、そのきっかけとして日々「自ら気付きを認識すること」さらに「回りに気付かせること」が、今後の品質技術を支える手がかりとなります。
(レポート 田村 善嗣)

セッションD3:講演
「SKYACTIVテクノロジーと
 その開発を支えたモデルベース開発」

講演者:原田 靖裕氏(マツダ(株))

SKYACTIVへの道程

SKYACTIVの実現には、多くの夢に向かって諦めることなく取り組んできた25年に及ぶ歴史があります。
この実現を支えたモデルベース開発については理論は浸透しているものの、実際のビジネスにつなげるまで、つまり魂を吹き込み、開発現場に当たり前の手法として浸透させるまで、並々ならぬ壁が立ちはだかったであろうことは言うに及びません。

特に内燃機関のモデル化においては、瞬時に起きる燃焼の解析についてそのシミュレーションの難しさは専門家ならずとも想像できるところです。
この想定を絶する困難に対し高い目標を掲げ諦める事無く取り組んできた成果がSKYACTIVの実現なのですが、夢を諦めずに追い続けた源は何だったのでしょうか。
ひとつは、「わくわくする車を作りたい」という一貫した夢の全社での共有です。

なぜモデルベース開発か

1990年代のバブル崩壊後において、エンジンの先行技術開発部隊は他大手メーカーは1,000人規模に対してマツダは30名程度まで減少していました。
この体制で目標を達成するためには、進むべき方向を明確にし、焦点を絞った開発にシフトするしか解はありませんでした。更に、実機検証段階での手戻りを最小限に抑え込むために、モデルを駆使した開発とし、実機での試行錯誤に頼らない開発を目指しました。

モデル化の重要な課題

実機検証に代え、コンピュータによるシミュレーションを試みましたが、超高圧の世界では実機のデータと論理データの差が露見し、モデル化の壁となりました。
燃料ポートの形状とピストンの形状のほんのわずかな変更が、鋭敏に性能変化になって現れると共に、高圧下かつ瞬時の事象はセンサーの精度さえ疑われました。これをガラス窓を付けた実機エンジンの観察等により丁寧に紐解いて、気の遠くなるような試行錯誤により、実機と同等なモデル作成に漕ぎ着けました。ピストンの上部に窪みを付けることにより、初期火炎の円滑な成長を可能とし、熱効率が大幅に改善されたのです。

まとめと今後への展望

モデル化による改善でベテランのノウハウがプログラム化され技術者の職場を狭めることになるのではという懸念も聞かれますが、実機では検証不可能なことがモデルでは可能となることにより、ベテランのノウハウを試す分野が広がります。
これにより、従来の実機検証を頭脳労働的分野にシフトすることで更なる生産性向上が見込まれます。つまり、まさにタグチメソッドに沿った改革につながります。

開発の戦略策定から全体のシステム確認までのモデル化の適用で手戻りを防ぐことにより、生産性は2倍~10倍に向上しました。これはモデル化率60%の時点でです。今後もこの推進で最適解を得る価値は無限大です。

更にこの取り組みの中で得た何よりも大きな価値は、MDB開発導入への道のりは気の遠くなるような年月の流れの中で、これを諦めることなく、時には細々とでも息を絶やすことなく、芽の出ることを夢見て種をまき続けたことです。
夢を絶やさず、夢の実現の先の無限に広がる価値を追い続けることは、技術者冥利に尽きると思いました。

感想

短期での効果を求められることが多い昨今、夢を夢として終わらせず、遠く大きな夢に向かって淡々とノウハウのモデル化を進めることができた訳は、強いリーダーシッ プがあったのは勿論のこと、全社を挙げて「わくわくする車を作りたい」という夢を 諦めなかったからでしょう。
また、事実を論理で曲げることなく、純粋に事実は事実と捉えるという科学者の基本的な取り組みの継続が根底にあってこそと感じました。

最後に、原田氏の最後の言葉が今でも心に残っています。宮崎駿監督の「風立ちぬ」の映画になぞらえて、「いつも逆風が立つとき進化してきた。」と・・・・
(レポート 田村 善嗣)

セッションD4:パネルディスカッション
「アジャイル開発とソフトウェア品質」

パネリスト :
天野 勝氏((株)永和システムマネジメント)、
大沢 良樹氏(セールスフォース・ドットコム)、
川口 恭伸氏(楽天(株))、小井土 亨氏((株)OSK)、
西 康晴氏(電気通信大学)、細谷 泰夫氏(三菱電機(株))

モデレータ :
永田 敦氏(ソニー(株))
パネリスト:左から西氏、小井土氏、天野氏、
大沢氏、川口氏、細谷氏
会場と一緒にパネル討論は活発に進む
2日目、D会場2つ目の企画セッションは、パネルディスカッション「アジャイル開発とソフトウェア品質」です。今回のセッションの中で一番楽しみにしていました。
というのも、モデレータに永田 敦氏(ソニー(株))、パネラーに天野 勝氏((株)永和システムマネジメント)、大沢良樹氏(セールスフォース・ドットコム)、川口 恭伸(楽天(株))、小井土 亨氏((株)OSK)、西 康晴先生(電気通信大学)、細谷 泰夫氏(三菱電機(株))と実に豪華な顔ぶれで、有意義な時間になること請け合いだったからです。

まず川口氏からアジャイル潮流の解説と、社内での適用事例の紹介がありました。
アジャイルチームには、見える化の道具がある同じ場所に専任担当者を集めてタイムボックスを守れる環境が必要とのこと。バーンダウンチャートを使ってアジャイルコーチングを進めると、チームの成熟度が見えてくるそうです。やってみてわかったことを最大限に生かし、本当のゴールに向かっていくことが大事だそうです。

次に大沢氏からセールスフォースの先行事例です。
2006年にウォーターフォール開発からアジャイル開発に切り替えたそうです。機能数が増え多様化し、エンジニアも増えて管理が難しくなり、リリースに時間がかかる、提供機能も減るなど、お客様を待たせる事態に陥ったそうです。そのことに強い危機感を感じ、変革を求めてスクラム、XPにリーンの概念を混ぜた独自のアジャイル開発を導入したとのこと。これにより、品質の考え方は「欠陥を探す」から「バグを出さないために何をするか」に変わり、開発チームに品質確保の仕組みを整備した上で、「品質を考えないチームには開発をさせない」というポリシーを持ったそうです。
現在は、シングルコードベースで1,500人ものエンジニアが200以上ものスクラムチームで開発を行い、4ヵ月毎のリリースを安定的に実現しているそうです。

この後にQAがスクラムマスターに向いているという論点がありました。
一般的に開発チームは機能実現にフォーカスしやすいのですが、機能を作るだけではない仕事があり、QAはそこに目を向けられるとのこと。性能やセキュリティなどの内部品質を含めてテスタブルな開発になるようにチーム全体を調整する役目が重要だそうです。

西先生からは、QAに必要とされるスキルセットはウォーターフォールでもアジャイルでも変りはないとのご指摘がありました。プロセス、メトリクス、レビューとテスト、改善というスキルを、開発部門に対するエンジニアリング的寄与として発揮できているかがポイントだそうです。

今回の参加者の多くは品質保証関係者でした。アジャイルという新しい流れにどう対応して行けば良いかというアドバイスを求めて参加した人が多かったと思います。
今回のパネルから、アジャイル潮流の中で実はQAが本流に近いところにいると感じさせられました。目指すべきは開発部門にエンジニアリング的に寄与できる品質エンジニアになることだと思いました。
(レポート 堀 禎威)

SQiP特別セッション

E1「ソフトウェア品質保証部長の会からの情報発信!」

ソフトウェア品質保証部長の会発表風景
「ソフトウェア品質保証部長の会からの情報発信!」では、まず4期目となる部長の会の活動について紹介がありました。20名弱から立ち上げた品質保証部長の会も4期では40名ほどになり、4グループ/テーマに分かれて議論を進めています。
本セッションは4グループのうち3グループの発表です。

第1部
ソフトウェア品質保証の肝PartⅡ ~もう品質保証業務で悩むのは止めよう~

鎌倉 洋一氏((株)富士通アドバンストソリューションズ)
「ソフトウェア品質保証の肝PartII ~もう品質保証業務で悩むのは止めよう~」では、昨年集めて整理した「品質保証の肝」に対し、その悩みが何故生まれるのかという、悩みの構造解析をし た上で、解決策(肝)の提案と事例を紹介されました。主な悩みは開発部門と品質保証部門との間に対立が生じることのようです。お客様に喜んでもらいたい気持ちは一緒だと思いますので、互いに同 じゴールを目指して、二人三脚で活動できると良いと思います。

第2部
ソフトウェア品質保証部のミッションとは~品証を必要としない組織にすること~Step I

濱野 義哉氏(永山コンピューターサービス(株))
「ソフトウェア品質保証部のミッションとは~品証を必要としない組織にすること~StepI」では、品質保証部門を立ち上げようとする中小規模の会社向けの提案です。
品質保証活動のプロセスは、導入の仕方を間違うと開発部門との確執を作ってしまいます。プロセスの押し付けにならないよう、開発者のスキルとマインドの向上に重点を置き、トータルとして品質の 向上につながると良さそうです。品質保証部門が開発者教育をする、と内容が受け取れてしまうところが残念でした。
会場から意見がありましたが、品質保証部門は様々なプロジェクトを見ているが故の知見を元にした、開発者教育=組織全体の底上げに貢献できると良いのかもしれません。

第3部
経営視点から品質向上を考える~目からウロコの経営と品質保証の関わり~

島田 章氏(AJS(株))
「経営視点から品質向上を考える~目からウロコの経営と品質保証の関わり~」では、品質保証部門の活動は経営に寄与しているか、狭義の品質にだけ目が行っていないか、という問いかけで始まりました。
経営視点で品質を考えるための事例として、BSC(バランスドスコアカード)とQCDのバランスから品質を考える方法が紹介され、中・長期的な活動によって経営に寄与することを提案されていました。
本セッションにも経営に係わる人がもっと参加し、品質戦略を現場と一緒に考えていかれると良いと思います。


全体的に品質保証活動とは、品質保証部門が頑張ることではなく、経営と開発現場とお客様との連携プレーなのだと、改めて気付かされました。
(レポート 中野 さやか)

セッションE2:発表「SQiPの研究開発1」

ソフトウェア品質保証実態調査について発表した野中氏 SQiPモデルを発表した本間氏
初日午後のE会場は「SQiPからの情報発信:SQiPの研究開発1」です。
「ソフトウェア品質保証実態調査2013」野中 誠先生(東洋大学)、「超上流からの品質保証」松木晋祐氏((株)ACCESS)、「SQiPモデル:競争優位を目指す品質戦略とプロセスのモデル」本間 周二氏((株)シーズメッシュ)&野中先生が発表されました。

第1部
ソフトウェア品質保証実態調査2013

この品質保証業務の実態調査は2010年から始まっています。
今回は対象を品質保証部門に絞って42組織から回答を得たそうです。この調査は、学界の野中先生に取りまとめていただくことで匿名性が担保されています。各社安心して実態を答えられるので、調査結果にも信憑性があります。

分析結果で目を引いたのは、品質保証の取り組みを上位グループ(以降:上位)と下位グループ(以降:下位)に分けたときの品質保証部門の人員数です。全体の中央値が技術者100人に対して品質保証部門3人のところ、上位は4人、下位は1人だったことです。

上位は組織的な仕組みができており工数問題などありませんが、下位はやるべきことを理解しつつも手を付けられない状況にあるようです。下位は開発部門の生産性も相対的に低いことから、やはり品質部門を設け一定の資源を投入することが全体生産性の向上に寄与するということではないでしょうか。

深く頷きながら聴く参加者も多く、組織体制面での数字が身近な問題として受け取られているようです。ある質問者の方は「この調査を結構楽しみにしている」とのこと。全くの同感です。

第2部
超上流からの品質保証

品質保証部門の活動対象を超上流の提案(工程)などに拡げようという試みです。
普段の活動観点はリスクを減らすことですが、提案の魅力を増す観点も視野に入れ、品質保証部長の会でアンケートを実施したそうです。まだ共通プラクティスを抽出するところまでは至っていないようですが、品質保証部門にとって超上流をフロンティア領域と捉えて今後も取り組んでいかれるとのことです。

第3部
SQiPモデル:競争優位を目指す品質戦略とプロセスのモデル

現場の成功事例をインタビューで深堀し、品質戦略の参照モデルを提案しようとする試みです。「品質戦略は人に内在する価値を高めるものと思っており、人財戦略に品質戦略をマッチングすることなども考えている」とのこと。質疑ではコンセプトが難しいとの声もありましたが、敢えてその難しいことにチャレンジしているそうです。発表の中で「品質を生業とするなら、その活動の軸をはっきりと作るべき」という言葉がとても強く印象に残っています。
こういった様々な調査による業務実態の把握は自分たちの業務の振り返りにつながります。自分たちの特徴を知ることが自分たちの軸をしっかり見つけ出すスタートラインになると思いました。
(レポート 堀 禎威)