ソフトウェア品質シンポジウム 2011

SQiPシンポジウム2011 盛大に開催される!

  レポートダウンロード

2011年9月7日(水)~9日(金)(7日は併設チュートリアル)の会期で早稲田大学・西早稲田キャンパスにて「SQiPシンポジウム2011」が開催されました。

本シンポジウムは、日本におけるソフトウェア品質に関する最大級のイベントで各方面から注目を集めています。

ここ数年参加者数が増加傾向にありますが、今年も、併設チュートリアル約200名、本会議350名を超える方々が参加され、3日間で有料参加者だけでも延べ900名が来場しました。招待者や関係者を合わせると1000名をゆうに超え、大変な盛り上がりを見せました。
 

2011年度AWARD受賞者

注目の表彰では以下の方が受賞されました。誠におめでとうございます。
■SQiP Effective Award

「組み合せテスト技術の導入・定着への取り組み、および上流設計への適用検討の事例」

中野 隆司 氏 株式会社東芝
小笠原 秀人 氏
松本 智司氏 東芝メディカルシステムズ株式会社
■SQiP Future Award

「間接的メトリクスを用いて欠陥予測を行うレビュー方法の提案 ―欠陥の位置と種類の特定によりレビューの効率と効果を向上―」

中谷 一樹氏 TIS株式会社、2010年度SQiP研究会 第3分科会