• 併設チュートリアル
  • 本会議1日目
  • 本会議2日目
日時:2016年9月15日(木)
会場:東洋大学・白山キャンパス
※  プログラムは都合により変更になる場合がございます。また登壇者の都合により講演・発表がキャンセルになる場合もあります。

プログラムのダウンロードはこちら
(敬称略)
  5号館地下1階「井上円了ホール」
10:00~10:20 【オープニング】ソフトウェア品質シンポジウム委員会 委員一同
【SQiPの紹介】 野中 誠(SQiP運営委員会 委員長/東洋大学)
10:20~11:40 【基調講演】「失敗を防ぐマネジメントから成功を続けるマネジメントへ」芳賀 繁(立教大学)
11:40~12:50 昼食休憩
ランチセッション:昼食時に「ツール出展」企業:(株)デンソークリエイトからの発表を聴くことができます。昼食は主催者が準備いたします。《事前登録制》
  第2会場
6号館地下1階「6B13」
第3会場
6号館地下1階「6B14」
第4会場
6号館地下1階「6B15」
第1会場
6号館地下1階「6B12」
第5会場
6号館2階「6202」
  【セッション A1】
テスト実践
【セッション B1】
マネジメント
【セッション C1】
品質保証・レビュー
【企画セッション E1】 【SQiP特別セッション F1】
~SQiPからの
情報発信~
12:50~13:25 A1-1 【経験論文】
ISVアプリケーションの受入テストにおける探索的テストの導入効果
森 一郎(NECパーソナルコンピュータ(株))
B1-1 【経験論文】
不具合リスク発想のための観点の抽出方法とその効果
余宮 尚志((株)東芝)
C1-1 【経験論文】
派生開発でのユーザビリティの劣化を防ぐ方法
吉田 和洋(東京海上日動システムズ(株))
E1
12:50~14:30

ヤフー地図:利用者視点に立ったこだわりデザインとスマホカーナビへの挑戦
《第1部》地図屋のこだわりデザインとデータ品質
《第2部》スマホカーナビデザイン開発秘話
《第3部》安心・安全に配慮したスマホカーナビ紹介

星名 努(ヤフー(株))
廣瀬 典和(ヤフー(株))
F1
12:50~14:30
「SQuBOK V3に向けた研究活動」

《第1部》SQuBOK V3に向けた取り組み/「ソフトウェア品質」の捉え方とその広がり
野中 誠(東洋大学/SQuBOK V3研究チーム(ソフトウェア品質))

《第2部》 アジャイル開発の品質保証、最新動向
誉田 直美(日本電気(株)/SQuBOK V3研究チーム(日本のSW品質保証の特徴))

《第3部》 プロセス改善の黒歴史~何を学び、どこへ向かうべきか?
安達 賢二((株)HBA/SQuBOK V3研究チーム(プロセス改善の黒歴史研究))
13:25~14:00 A1-2 【経験発表】
妥当性確認におけるユーザ観点のシナリオテスト適用の実施事例
森中 秀明(アンリツネットワークス(株))
B1-2 【経験論文】
GSNを活用した技術者能力計測手法の提案
梅田 浩貴((国研)宇宙航空研究開発機構)
C1-2 【経験論文】
既製ソフトウェア製品の開発プロジェクト内での 利用時の品質の評価手法とその導入効果
奥山 亜耶子(ウイングアーク1st(株))
14:00~14:30 A1-3 【経験論文】
使い勝手を定量的に捉えることによるUX評価の改善手法~製品利用現場の実態に沿った問題分析・課題認識を容易にして製品改善を牽引~
宮下 直也(富士通(株))
B1-3 【経験発表】
ソフトウェア開発プロジェクトにおける進捗/品質の定量把握実践について
羽渕 喜英((株)インテック)
C1-3 【経験論文】
既製ソフトウェア製品開発におけるJIS X 25051:2016 に対応した品質保証プロセスの構築とその運用効果
加藤 大受(ウイングアーク1st(株))
14:30~14:50 休憩
  【セッション A2】
テストプロセス
【セッション B2】
改善
  【企画セッション E2】 【SQiP特別セッション F2】
~SQiPからの
情報発信~
14:50~15:25 A2-1 【経験論文】
テスト阻害要因データを活用したデイリーフィードバックによるテスト管理
丹羽 宏介((株)デンソー)
B2-1 【経験論文】
マルチタスクが「QCD」を奪う!~日立グループ1,000人に広がる 働き方改革6ヶ月プログラム~
八木 将計((株)日立製作所)
E2 【講演&パネルディスカッション】
14:50~16:30
「アジャイル開発におけるメトリクスの活用」

荻野 恒太郎 氏(楽天(株))
小笠原 秀人 氏((株)東芝)
誉田 直美 氏(日本電気(株) )

《モデレータ》
細谷  泰夫 氏
(三菱電機(株) )
F2 14:50~16:30
「SQiPのコミュニティ活動」

《第1部》 いろんな人と会話する。いろんな会社のやり方を知る。それがカフェ・ソフトウェアクオリティ!
小島 義也(エプソンアヴァシス(株))

《第2部》 ソフトウェア病理学NEO: ソフトウェア開発の問題・課題を病気と捉えて分解する

《第3部》 試験を通じて品質を学習する会活動報告 ~わたしはコレで試験に受かりました~
大坪 正晴((株)NTTデータ)

ポスターセッション

1:診えていますか?炎上の兆候
柏原 一雄((株)デンソークリエイト)

2:ソフトウェアテスト設計プロセスの構築と実務への適用推進
窪田 邦夫(カルソニックカンセイ(株))・小林 亨(カルソニックカンセイ(株))
15:25~16:00 A2-2 【経験発表】
ある大型ITの開発保守を担当している組織におけるソフトウェアテスト充分性の確保に関する取り組み
富田 幸延((株)NTTデータ)
B2-2 【経験論文】
「環境要因」を付加した欠陥情報共有の提案
佐藤 俊之(ソーバル(株))
16:00~16:30 A2-3 【経験発表】
品質保証部門におけるテストプロセス改善モデル初期導入に関する取り組み
高野 愛美((株)日立製作所)
B2-3 【経験発表】
社外活動による効果と社外活動のはじめかた・育てかた
福田 里奈((株)Fusic)
16:30~16:40 休憩
16:40~18:20 【SIG(Special Interest Group)
※「SIG」とは特定の興味あるテーマについて、メンバー同士が互いに知識や情報を交換する場です。《事前登録制》
テーマ1:こんなはずじゃなかった! 目の前の問題をスッキリ解消~問題に向き合うための思考ツールを体験しよう!~
テーマ2:感性品質を向上させる取り組みを議論しよう~最近よく耳にするIoTやUXに対応し先回りするために~
テーマ3:「領域」を飛び越えて知識を活かす~ソフトウェア開発と楽器演奏の類似と相違
テーマ4:より良いレビューを目指して~レビューの受け方の面からの改善を~
テーマ5:成功のなぜなぜ分析:デスマーチを仮想化して、一致団結、鬼退治をしよう!
テーマ6:聴くことからはじまるコミュニケーションについて考えてみませんか?
テーマ7:眠ったままのソフトウェア欠陥情報、あなたならどう使いますか?活用・移転する方法を議論しましょう!
テーマ8:モダンなチーム開発環境を追求しよう~快適さと正確さを両立したワークスタイルの実現に向けて~
テーマ9:長時間労働撲滅!女性が普通に活躍できるプロジェクトの為には?
テーマ10:バグ票見つめて気づきませんか?~立場いろいろ、悩みいろいろ~
テーマ11:炎上プロジェクトを早期に収束させるために、火消しのテクニックを、共有しましょう。~あなたの炎上プロジェクトの火消しのコツを教えてください~
テーマ12:高価なテスト、安価なテスト~テストのコストパフォーマンスを考えてみませんか?~
テーマ13:若手レビューアに向けたちょっとイイ話~みんなの工夫を共有しよう~
テーマ14:ODC分析を体験してみよう!~体験で学ぶ、ODC分析の基礎から導入のコツまで~
テーマ15:わかっちゃいるけどうまくいかない品質保証の悩みを解決しよう!~各社品質保証部長のナレッジの集大成"品質保証の肝"を使って作って持ち帰って活用しよう~
18:20~18:30 休憩
18:30~20:00 【情報交換会】