第105回品質管理シンポジウム 参加へのお礼

2017.12.4
この度は、第105回シンポジウムにご参加をいただき、誠にありがとうございました。

今回は、新たなTQMの方向性となるべく「顧客価値創造」をテーマに熱い討論を展開いただきました。
小松製作所・大橋社長を主担当組織員として、同テーマでの講演、グループ討論、総合討論を行いましたが、ご参加の皆様にはその方向性を支持いただいたものと理解しております。

参加人数も過去最多級の約250名の方に参加いただき、盛況のうちに終了することができました。

シンポジウム賛助会員会社も、順調に増加110社に達し、ますます産業界からの注目を受けております。

皆様にご支援を賜りながら、さらなる充実を期して参ります。
今後ともQCSをよろしくお願いいたします。

これからの皆様の一層のご指導とご鞭撻をお願い申し上げます。

一般財団法人日本科学技術連盟
理事長  佐々木 眞一