MS監査員検定FAQ

Q1

何名から申込はできますか。

最低開催人数は10名様となっております。
10名様分の受験料にて開催することは可能です。
Q2

いつまでに申込すればよいですか。

準備に2ヶ月程いただいておりますので、ご希望開催日の2ヶ月前にはお申込みください。
Q3

複数規格を同時開催することは可能ですか。

可能です。1規格毎に最低開催人数は10名様となります。
Q4

1日で何規格まで受験することができますか。

制限はありません。
Q5

一般(個人)申込はできますか。

2021年度は団体受験のみの開催となりますので一般申込はできません。
ISO 9001 および 14001規格の改正がなされた場合、一般受験実施を予定しております。
Q6

試験会場や試験日および時間は選べますか。

試験会場はお客様にてご用意ください。
試験日は土日祝日でも開催可能です。
ただし9:00~17:00での開催となります。
また1会場につき1名の試験監督員のご対応をお願いしております。
Q7

複数サイトで開催することは可能ですか。その際も1サイトでの受験者は10名以上ですか。

可能です。
同一企業における開催日、時刻は基本的に同日、同時刻開催でお願いしておりますが、複数サイトでの開催の場合、日程は各々で設定いただけます。
また、複数サイト開催の場合、合計で10名様以上であれば問題ございません。
Q8

関連会社と合同での開催も可能ですか。

可能です。
複数サイト開催の場合と同じく、各々で設定いただけますし、合計で10名様以上であれば問題ございません。
Q9

複数サイト開催もしくは関連会社と合同開催となった場合、注意事項はありますか。

事務局拠点および担当責任者を定めていただき、全ての拠点運営の統括をお願いいたします。
Q10

試験監督員は受験できますか。

同企業における同年度の受験はできません。
Q11

試験監督員を派遣してもらうことはできますか。

基本は自社にてご対応いただいておりますが、有料(交通費・宿泊費等の実費)にて派遣することも可能です。
Q12

試験時間は何分ですか。

すべて60分となります。
Q13

問題数および問題形式を教えてください。

すべて50問となります。
択一および選択のマークシート式です。
Q14

中級レベルとはどのくらいのレベルですか。

これから監査員を目指す方または現在、監査員として活動されている方を対象としております。
Q15

上級の試験はありませんか。

2021年度の実施はありません。
各規格において2022年度より実施予定となっております。
Q16

参考書および過去問題は販売していますか。

販売はしておりません。各規格の出題範囲をご参照ください。
Q17

各規格や各種法令関係はどこで入手できますか。

Q18

当日の試験問題の返却は不要ですか。

試験監督員にて回収していただき、ご返却いただきます。
Q19

試験結果はいつわかりますか。

試験から2~3ヶ月後に合否判定および合格証・合格カードをお送りいたします。
Q20

合格率や合格点はどのくらいですか。

非公開となります。
Q21

不合格者はまたすぐにでも受験できますか。

できません。同年度の受験は1回までとなります。
Q22

改正SIはNo.いくつまでが適応されますか。

No.19までとなります。2020年12月1日までの発行が対象となります。
Q23

AIAG&VDA FMEAマニュアルは除くとありますが、FMEAは出題されないということですか。

AIAGに準拠したFMEAが出題範囲となります。
Q24

IATF 16949の試験に合格すれば「IATF 16949」規格における要求事項の力量証明になりますか。

公的効力が有るものではございませんので、力量を証明するものにはなりません。