ISO9001:2000認証取得企業によるCMMへのアプローチ
ダウンロード数: 131回
発表場所 : SQiP研究会
紹介文 :
ISO9001(2000年版)の認証を取得してる企業がCMM(SW-CMM)の取得を目指すためのガイド。
ISO9001認証後にプロセス改善を行う際にCMMIを参考にする場合にも有効。
ISO9001未取得の企業の場合はIOS9001/CMMの要求から自社の状況で施策のベースを検討するのにも有効である。
概要 :
ソフトウェア業界において、ISO9001*の認証を取得している企業・組織が次に取り組むものとして、プロセス改善を目的としたCMM*(Capability Maturity Model)が考えられる。そこで本分科会では、ISO9001の認証を取得している企業・組織がCMMレベル2、レベル3をめざすためには、何をすれば良いのか、どのような点に考慮すれば良いのかを明らかにし、CMMレベル2、レベル3をめざす企業・組織のための「ガイド」の作成を目標とした研究を以下に示す手順で行なった。
a) ISO9001の要求事項とCMMレベル2、レベル3の理解を行なった。
b) CMMレベル2、レベル3の各KPA(Key Process Area)のKP(Key Practice)から、これに対応する ISO9001の要求事項(項番)を当てはめてマップを作成し、必要な手順書及びインプット、アウトプットを明確にした。
c) ISO9001の要求事項とCMMのKPを比較検討し、①対応度(CMMのKPA及びKPの要求事項に対してISO9001はどの程度対応しているか、満足しているか)及び②ISO9001による品質マネジメントシステムQMS(Quality Management System)に追加してCMMに対応するために必要となる事項の2つを明確にした。
本報告書ではそれらの研究結果について報告する。

* 特に説明のない場合、ISO9001は2000年版(ISO9001:2000)を、CMMはSW-CMMを示している。
↑