ISO9001:2000へのCMMI適用の研究
ダウンロード数: 323回
発表場所 : SQiP研究会
紹介文 :
本研究は、二つのモデルを組織に導入するための、一手段を提供している。                                           興味深い内容としては、CMMIの前モデルである、ソフトウェアプロセス改善モデルCMMとISO9001を融合させる研究の活動内容より、現モデルCMMIへの進化の過程と改善のための構造・構成要素を深く理解することが可能となる。
概要 :
ソフトウェアの設計・開発能力のレベルアップを図るためのプロセス改善のモデルとして、SW-CMM(Software Capability Maturity Model)とCMMI*(Capability Maturity Model Integration)がある。
本グループでは、ISO9001*(ISO9001:2000)の認証を取得している組織が、SW-CMM及びCMMIを活用してプロセス改善を実施し、ISO9001に基づいて構築した品質マネジメントシステム  (以下、QMS)を進化させるための研究を行なった。
研究は、ISO9001に基づいて構築されたQMSにCMMIを導入する際の考慮すべき点を明確にすることを目標として進めた。また、昨年度までの活動成果を利用して、ISO9001の要求事項の観点から見たSW-CMMとCMMIの違いや注意点を明らかにすることも目標とした。なお、CMMIについては、昨年度までの活動からの継続性を考慮して、段階表現を用いている。
研究は以下の手順で行なった。
1) CMMIの成熟度レベルの各プロセスエリア(PA:Process Area)に含まれるプラクティスが、ISO9001のどの要求項番に対応しているのかを明らかにした対応表を作成した。
2) SW-CMMのレベル4、5の各キープロセスエリア(KPA:Key Process Area)に含まれるキープラク ティス(KP:Key Practice)が、ISO9001のどの要求項番に対応しているのかを明らかにした(昨年度までに作成したISO9001とSW-CMMレベル2、3の対応表をSW-CMMレベル5まで拡大した)。
3) 上記の1)、2)の対応表より、ISO9001の要求項番に対応するSW-CMMのKPA及びKP、CMMIのPA及びプラクティスを明確にした一覧表(ISO9001/SW-CMM/CMMI一覧表)を作成した。
4) 上記のISO9001/SW-CMM/CMMI一覧表を基に、SW-CMMとCMMIの相違点を検討し,CMMIによるQMSの改善を行なう際に考慮すべき点を明らかにした。

* 特に説明のない場合、ISO9001は2000年版(ISO9001:2000)を示している。また、CMMIは段階モデルを示している。
↑