キーワード検索


 2001年    2002年    2003年
 2004年    2005年    2006年
 2007年    2008年    2009年
 2010年    2011年    2012年
 2013年    2014年    2015年
 2016年    2017年    2018年

1 件の資料が見つかりました。
ダウンロード数: 32回
SQuBOK分類 :
年度 : 2018年   分科会 :
紹介文 :
プロジェクトを遂行する上で、一番厄介なものは人間関係といえる。
プロジェクト内での衝突・言った言わない問題などに代表される人間が関わる問題・課題をできる限り事前に取り除き、プロジェクトの失敗をなくすことが理想である。
本稿では、上述の問題・課題としてコミュニケーションエラーに焦点を当て、解決へのアプローチを提案する。

問題・課題を解決するときには、様々なツールや手法から選択する必要がある。
エラー特性のモデル化、およびツール・手法のモデル化をすることにより、適用特性・場面によって モデルを選択し解決手段を効果的に使うことができる。このことにより、プロジェクトマネジメントの成熟度やチームの友好度が異なる組織においても、これから起こりうる問題・課題に対してモデルを事前に参照し対策を施すことにより、円滑にプロジェクト遂行を行いプロジェクトの失敗を防ぐことができると考える。
これにより、組織やプロジェクトを横断した共通の問題・課題などを解決するためのプラットフォームになるのではと考えた。

そのアプローチ方法として、マズローの欲求段階と TOC の抵抗の六階層を用いてモデル化したもの、およびツールや手法などによる解決手段を心理的障壁(エラー特性の各分類)ごとに分類したRPGモデル(仮)を提案する。
↑